Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

LINE PayやPayPayの加盟店で様々な海外決済サービスが稼働。インバウンド需要の取り込みへ

 日本のスマートフォン決済事業を展開しているPayPayとLINEは、韓国の大手IT企業などとの連携を決めています。

 両社が提携するのは、

  • カカオトークをベースにした「カカオペイ」
  • 韓国の検索サイト大手であるネイバーの「ネイバーペイ」

です。

 この2社がアジア企業との連携に力を入れるのは、インバウンド需要の取り込みを狙うためです。特に韓国は、2018年の訪日客消費額の中でも中国に次いで2位。1位の中国と合わせると、全体の割合は5割弱にもなります。

 海外では普及率の高いキャッシュレス決済。両社は訪日客の需要をさらに取り込むことで、乱立している国内のスマホ決済市場において他社との差別化を図ります。

カカオペイやネイバーペイが、LINEやPayPayの加盟店で利用可能に

 ソフトバンクグループ傘下のPayPayは、韓国でNo.1シェアを誇るメッセンジャーアプリ「カカオトーク」から派生した決済サービス「カカオペイ」と提携。具体的には、10月からペイペイの加盟店で掲げているQRコードを、カカオペイで読み取ることが可能になります。

 通常QRコードは事業者ごとで独自に発行されているため、他者のアプリから読み取ることはできません。しかしカカオペイは、ペイペイのQRコードを翻訳して認識できるシステムを導入することでその問題を解決します。

 現在PayPayの登録者数は800万人を超えており、全国約70万店で利用できます。そして今回の提携で、実質カカオペイの登録者数2,300万人ほどもユーザーとして取り込めるのです。

さらにペイペイは中国の決済サービス「アリペイ」とも連携しており、アジアユーザー数の拡大が期待できます。

 そして日本で最も利用されているメッセンジャーアプリLINEも、親会社である韓国の検索サイト大手の決済サービス「ネイバーペイ」を6月から加盟店で使えるようにしました。

 LINEはこの他にも、

  • 中国でNo.1シェアのメッセンジャーアプリが提供する決済サービス「WeChat Pay」
  • タイや台湾、インドネシアの「LINE Pay」
  • 韓国ネットサービス大手のNHNが提供する「PAYCO」

などの利用者も日本の加盟店で決済できるよう取り組んでいます。

 また「PAYCO」とは相互間で加盟店を共有するため、日本人が韓国に行った際にもLINE Payでスムーズに決済できるのです。

 現状、日本ではまだまだ普及率の低いスマホ決済。しかし各社は新たなサービスや他企業との連携などでしのぎを削っています。そして今回の提携は、キャッシュレス決済が浸透しているアジア各国と非常に相性のよい施策です。

 さらに利用者の拡大だけではなく訪日客の受け入れ態勢の強化などにもつながるため、東京オリンピックなどが開催される今後の動きにも注目が集まります。

インバウンド対策に有効なスマホ決済について詳しく知りたい方は「インバウンド対策に必要なスマホ決済導入のメリットとデメリット。おすすめのスマホ決済サービスまで徹底解説」をご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47146440Z00C19A7TJ2000/

[anamedia]

関連記事

  1. 電子雑誌「旅色」の台湾版、長野県安曇野市を特集。地方のインバウンド集客を図る

  2. 多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足…

  3. 近畿大学の留学生に大阪の文化「笑い」を提供、吉本興業の「インバウンド向け公演」のマーケティングにも貢…

  4. サイクリングロード「太平洋岸自転車道」を整備。インバウンド集客で地域観光の復活へ

  5. ぐるなびが訪日外国人向け災害情報サイトをリニューアル。位置情報を利用して情報提供

  6. インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始

  7. タクシー配車サービスが東北3県で開始。海外大手ウーバー社の提供で訪日客を呼び込む

  8. 荷物預かりサービスecbo cloakが47都道府県に拡大。さらなるニーズの増加に備える

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP