Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ロンリープラネット「訪れるべきアジア太平洋地域」に四国が選ばれる

 海外の大手旅行ガイドブック「ロンリープラネット」が、自社のWebサイトで2019年に訪れるべきアジア太平洋地域10選を発表。その中で、日本の四国エリアが2位にランクインしました。

 1位に選ばれたのは、美しい海岸や神秘的な森などの自然溢れるオーストラリアのマーガレットリバーと西オーストラリア州南部です。その他にも、

  • 3位:ニュージーランドのベイオブアイランズ
  • 4位:シンガポール
  • 7位:フィジー

などの名だたる観光名所が並んでいます。

 世界のマーケットシェア率25%を誇る旅行ブックであるロンリープラネットの発表により、四国地方は訪日旅行の目的地として一層注目を集めるはずです。この追い風に乗ることで、四国だけでなく周辺地域のインバウンド需要を拡大することにもつなげられます。

四国の有名観光地から瀬戸内国際芸術祭なども紹介

 主にロンリープラネットは、

  • かずら橋で有名な祖谷
  • 渦潮を見られる鳴門
  • 古い歴史を持つ松山の道後温泉

などの四国で人気の高い観光地を紹介。さらに「四国八十八ヶ所巡り」なども記載しており、日本の巡礼文化を高く評価しているようです。

 四国は、2018年のインバウンド宿泊客数が4県そろって過去最高を記録しています。具体的には、4県合計で93万4,110人。2017年と比べても約11.3%の割合で増加。節目となる宿泊客数100万人まであと少しです。

 さらに今年は瀬戸内海の12の島と2つの港を舞台として、3年に1度開催される「瀬戸内国際芸術祭」があります。この祭典は現代美術の作品展示、アーティストや劇団・楽団などによるイベントなどで島々の魅力を世界に向けて発信。国内外から多くの観光客を呼び込み、地方創生や地域の活性化につなげるものです。

 ロンリープラネットでも「瀬戸内国際芸術祭」は紹介されており、今年はより多くの訪日客が集まることも期待されています。

 近年、四国では高松空港の国際線を増便するなど、訪日客がアクセスしやすいルートの開拓を実施。そして今回のロンリープラネットでの認知向上を活かし、四国エリアのさらなる需要拡大を狙います。

中国・四国地方が実施するインバウンド施策について詳しく知りたい方は「中国四国農政局が観光マップを拡充、訪日観光客への対応強化」をご一読ください。

参考:https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190715-OYT1T50099/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 代々木上原、大山、小田原などの観光地を英語ガイドで案内。下北沢ツアーもリニューアル

  2. アイドルグループBNK48が阿蘇地域の観光大使に。タイでの地名度を活かして訪日客を呼び込む

  3. 多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足…

  4. 関西地区で動画発信やクーポン配布などによるインバウンド誘致。台風被害からの回復をアピール

  5. 通訳案内士向けの保険制度スタート。インバウンド増加の影響で通訳ガイドの待遇も改善

  6. 大阪で夜間の観光客を増やす取り組みが開始。最新技術を使ったコンテンツに注目

  7. ANA、特別機内食に世界初の米粉パンを提供。アレルギーや宗教などに対応、誰もが楽しめる食事に

  8. LINEがインバウンド向け新機能を試験運用。訪日客に外国語で情報を提供

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP