インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

阪急阪神百貨店が「WeChat Pay」との連携を発表。利便性を高め訪日中国人客を呼び込む

 阪急阪神百貨店は、中国で高いシェア率を誇るチャットアプリの決済サービス「WeChat Pay」を利用した取り組みや新サービスを発表しました。

 「WeChat」や「WeChat Pay」を提供しているのは、中国の大手IT企業であるテンセントです。阪急阪神百貨店は、中国国外で初めてテンセントから「WeChat Payスマート旗艦百貨店」の認定を受けています。

 「WeChat Pay」は月間アクティブユーザー数が約8億人という、中国で最も利用されている決済手段の1つです。中国人のスマートフォンには、ほぼ必ずWeChatアプリが入っているとさえ言われています。

 そのため阪急阪神百貨店では「WeChat Pay」を介した便利なサービスを訪日中国人客に提供し、リピーターの増加や売上アップにつなげることが狙いです。

WeChatアプリから店内ガイドや事前注文サービスを実施

 日本では訪日客が年々増加しており、阪急阪神百貨店の売上にも大きく関わりがあります。特に2018年度の免税売上は400億円強にも上り、全店売上の約12%を占めているほどです。

 中でも、阪急うめだ本店の売上は310億円で免税件数が40万人。その8割が中国人観光客となります。同百貨店は、すでに全国14店舗のうち9店舗で「WeChat Pay」を取り入れ中国人客に対応しているのです。

 そして今回の発表では、同百貨店が導入した「WeChat Pay」の取り組みについて説明が行われました。具体的には、

  • 阪急阪神百貨店の店内案内に「WeChat」アプリ内のミニプログラムを活用
  • 「WeChat」を利用した化粧品の事前注文サービス

などです。

 店内案内では、WeChatユーザーが自分のスマートフォンから同百貨店の店内ガイドマップを中国語で検索できるミニプログラムを追加。中国人客の行きたい店舗や購入したい商品への道筋をアプリ内からサポートします。

 さらに百貨店内にあるレストランでは、WeChatアプリを使いQRコードを読み取ることでテーブルオーダーができる仕組みです。これによりメニューの食材などを中国語で確認することが可能で、注文や決済などもスムーズに行えます。

 そしてWeChatを利用した化粧品の事前注文サービスを7月16日からスタートしました。これは利用者が店舗へ行く前に注文と決済をしておくと、専用カウンターから素早く商品を受け取れる仕組みです。

 また同百貨店が「WeChat Payスマート旗艦百貨店」の認定を受けた記念キャンペーンも開始。阪急うめだ本店などで、QRコードや公式アカウントのクーポンを利用すると40元の割引が適用されます。

 阪急阪神百貨店は、売上割合の高い中国人観光客を狙ったマーケティング戦略でさらなるインバウンド需要を獲得します。

その他の企業が実施している「WeChat Pay」の導入について詳しく知りたい方は「南海電鉄がWeChatpayの導入をスタート。中国の電子決済を受け入れるメリットとは?」をご一読ください。

参考:https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/05522/

関連記事

  1. 広島県宮島のインバウンド向け体験施設。書道や茶道など、日本文化の魅力を訪日客に伝える

  2. 湯平温泉の旅館「山城屋」が公式HPをリニューアル。観光客に向けて旅館の雰囲気を動画で紹介

  3. 京都でインバウンド向けのフォトウエディングが開始。一生に一度の思い出を作る体験で訪日客を誘致

  4. 太平洋岸自転車道の整備が本格化。インバウンド誘致にも奏功か

  5. ムスリム向けのお好み焼きを提供。千房ホールディングスのインバウンド対策に注目

  6. 日本の魅力を発信する予約サイト「Voyagin Luxury Experiences」開設。第一弾と…

  7. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  8. 改装中の「渋谷パルコ」が11月下旬にオープン。訪日客向けの店舗などを設置し幅広い客層の獲得を目指す

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP