Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

札幌市が官民共同の組織を設立。インバウンドの消費動向を分析して地域活性化につなげる

札幌市は、企業や経済団体などと訪日客の消費分析を行う官民組織である「札幌圏地域データ活用推進機構」を設立しました。

今回の記事では、同機構に関してお送りします。

企業単独では難しい分析を共同で進める

同機構は、企業単独では難しい訪日客の消費分析を、官民共同で進めることが目的です。そのデータをもとに、地域全体の消費を活性化させていきます。

札幌市のほか、イオン北海道、札幌商工会議所など10の組織が協力して設立しました。今後も参加する企業を増やしていく方針です。訪日客の国や地域別の購買動向や客室稼働率、観光施設の利用者数をを分析します。

NTTドコモが持つ訪日客の移動データも利用するので、信頼のできる統計結果ができます。これらを利用して、更に効率的なインバウンド対策が可能に。

訪日客の購買データをライバル企業でやりとりすることはまずありませんが、協力すれば売上を伸ばしやすいです。他社のデータを参考にして、新たな市場を開拓するなど、業績アップにつながるヒントがあるに違いありません。

札幌市は畜産が有名な地域ですが、他の地域ではまた別の観光資源があります。訪日客も、札幌とは違うものを求めて来日しているかもしれません。各地域の特色を明らかにするうえでも、官民が協力して分析作業を行うことには価値があるのです。

有効なデータが出せれば、より大きな利益が出せるようになり、地域活性化にもつながります。

訪日客の動向を分析して購買を促進する今回の取り組みは、他の地域でも応用の余地があるはずです。気になる方は、札幌圏地域データ活用推進機構について調べてみてはいかがでしょうか。

札幌市の取り組みについては「2019年1月に札幌で無人ホテルが開業。訪日客を見据え、広々とした部屋を格安で提供」で紹介しています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47444740X10C19A7L41000/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. インバウンド向け観光バス「スカイホップバス」、JTBなど3社が共同で新会社設立

  2. 汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

  3. 北海道釧路市が観光客数を発表。「観光立国ショーケース」としてさら訪日客増加を目指す

  4. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

  5. 訪日外国人向け案内サイトが設立。ガイドブックには載っていない穴場を紹介

  6. 株式会社ティ・エ・エスとD2Cが業務提携、WEBやツアーを通じて訪日外国人に日本の観光地をPR

  7. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

  8. 京都でインバウンド向けのフォトウエディングが開始。一生に一度の思い出を作る体験で訪日客を誘致

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP