Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

鳥取県が観光客誘致のプロジェクトチームを発足。チャーター便就航を受けてさらなるプロモーションに尽力

鳥取県は7月22日、台湾からの観光客誘致を拡大するためのプロジェクトチームを設置しました。

今回の記事では、鳥取県の観光客誘致拡大プロジェクトチームに関してお送りします。

鳥取県の知名度向上を目的として発足

今回のプロジェクトチームは、鳥取県の知名度向上と観光客誘致拡大を目的として発足しました。鳥取と台湾の台中と台北を結ぶインバウンドチャーターの実施が決定したことを受けて企画されました。

このチームは、鳥取県庁の関係部局を横断して結成されたチームです。台湾市民向けの情報発信、台湾旅行社への観光情報説明会などのインバウンド対策にあたります。

その他にも、空港連絡バスの運行や個人旅行客向けの周遊特典の検討なども行います。チャーター到着時の現地での歓迎対応や現地でのプロモーションする予定です。

報道によりますと、マンダリン空港が2019年9月4日から11月30日までの3ヶ月間、鳥取/台中線でチャーター便を運行する予定です。水、土の週2日で計26回運行する予定で、鳥取県は将来の定期便化も視野にいれて航空会社と話し合いを進めます。

鳥取県は鳥取砂丘や水木しげる記念館など、観光資源に恵まれた県です。訪日外国人にも人気のスポットがあり、今回のプロジェクト以外にもインバウンド対策をしていることで注目されています。

インバウンド対策で知名度が上がれば、外国人だけでなく、日本人観光客を誘致できる可能性も。対策によりインバウンドと日本人観光客両方が誘致できれば、大きな経済効果とプロモーションが期待できます。

鳥取県の取り組みは、他の都道府県でも応用ができるはずです。気になるかたは、チェックしてみてください。

鳥取県の取り組みについては「鳥取県で周遊パスが発売。漫画をコンテンツにしてインバウンド対策を」で紹介しています。

参考:https://flyteam.jp/news/article/112965

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

  2. 7月の訪日客数。西日本の地震や豪雨の影響で客足が遠のく結果に

  3. 祇園で訪日外国人のマナー向上を狙った実証実験が開始。スマートフォンを利用した方法に注目

  4. 東京にある神田明神の境内で「江戸東京夜市」が開催。日本のお祭り体験で訪日客を誘致

  5. 銀座三越、地下1階の化粧品売り場に最新の案内板を設置。訪日客向けに多言語対応

  6. 北東北でDMOの連携会議が設立。東北のインバウンド対策を話し合う予定

  7. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  8. 九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP