インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

羽田空港が3月から新ルート運用。訪日外国人の集客が狙い

国土交通省は8日、羽田空港の発着枠増加に向けて、都心上空を通過する新しい飛行ルートを来年3月29日から運用開始すると発表しました。

今回の記事では、羽田空港の新ルートに関してお送りします。

新ルートを運用し、訪日客増加を目指す

今回の新ルート運用は、2020年の五輪にむけて、訪日外国人の数を増やすことが目的です。政府は2020年までに訪日外国人4000万人を目指しており、それを実現するための受け入れ体制を強化していく方針です。

従来のルートは東京湾上空を通過していましたが、新ルートでは品川や新宿の上空を通ります。新ルートの運用により、これまでは年間約6万回だった国際線の発着が約9.9万回に増える見込みです。

羽田空港は、7月に有識者会議を開き、国内線の発着枠の配分基準を検討していました。この会議では、航空会社が設定できる発着枠を減らして、地方路線枠を増やしていく方向で一致しました。

7月に決まった事項も、3月からのダイヤに反映されます。国内線の配分基準が変われば、訪日外国人以外の利用客にも影響が出ます。

新ルートをめぐっては、東京都などの関係自治体が騒音や落下物を懸念していました。それに対して国土交通省は、降下時の高度を高めに設定したり、落下物防止対策を強化したりするなどして住民の理解を得られるように努めてきました。

自治体側は今月7日の説明会で、新ルートに関しておおむね了承する意向を示しました。

新しいルートの運用が始まれば、急激に訪日外国人が増えることが予想されます。インバウンド関係者は、羽田空港の新ルート運用に注目です。

空港のインバウンド対策については「日本における空港の未来とは?地方空港がインバウンド集客のためにしておきたい3つのこと」で紹介しています。

参考:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080800493&g=eco

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. ユニークワンがHubSpotJapanとパートナー契約。インバウンドマーケツールの提供を開始

  2. 大分県でインバウンド情報を発信するホームページ「インバウンド大分」が開設

  3. JAFがインバウンド向け特設サイトを開設。訪日客に地方の魅力をアピール

  4. 銀座三越、地下1階の化粧品売り場に最新の案内板を設置。訪日客向けに多言語対応

  5. 谷中で豆腐、味噌からカレー、ビーガンラーメンや書道・茶道まで多彩な体験プログラムを用意【九条Toky…

  6. 株式会社Airporterが3,000万円の増資。手荷物配送サービスのさらなる普及に尽力

  7. 荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入

  8. ジェットスターグループが日本情報誌を発行。アジアを中心とした訪日客に観光スポットをPR

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP