Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

羽田空港が3月から新ルート運用。訪日外国人の集客が狙い

国土交通省は8日、羽田空港の発着枠増加に向けて、都心上空を通過する新しい飛行ルートを来年3月29日から運用開始すると発表しました。

今回の記事では、羽田空港の新ルートに関してお送りします。

新ルートを運用し、訪日客増加を目指す

今回の新ルート運用は、2020年の五輪にむけて、訪日外国人の数を増やすことが目的です。政府は2020年までに訪日外国人4000万人を目指しており、それを実現するための受け入れ体制を強化していく方針です。

従来のルートは東京湾上空を通過していましたが、新ルートでは品川や新宿の上空を通ります。新ルートの運用により、これまでは年間約6万回だった国際線の発着が約9.9万回に増える見込みです。

羽田空港は、7月に有識者会議を開き、国内線の発着枠の配分基準を検討していました。この会議では、航空会社が設定できる発着枠を減らして、地方路線枠を増やしていく方向で一致しました。

7月に決まった事項も、3月からのダイヤに反映されます。国内線の配分基準が変われば、訪日外国人以外の利用客にも影響が出ます。

新ルートをめぐっては、東京都などの関係自治体が騒音や落下物を懸念していました。それに対して国土交通省は、降下時の高度を高めに設定したり、落下物防止対策を強化したりするなどして住民の理解を得られるように努めてきました。

自治体側は今月7日の説明会で、新ルートに関しておおむね了承する意向を示しました。

新しいルートの運用が始まれば、急激に訪日外国人が増えることが予想されます。インバウンド関係者は、羽田空港の新ルート運用に注目です。

空港のインバウンド対策については「日本における空港の未来とは?地方空港がインバウンド集客のためにしておきたい3つのこと」で紹介しています。

参考:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080800493&g=eco

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 伊藤忠商事とリンベルが業務提携。中国人富裕層むけに新事業を開発

  2. 太平洋岸自転車道の整備が本格化。インバウンド誘致にも奏功か

  3. インバウンド向け両替サービスが提供開始。ローソン「Loppi」から手軽に日本円の換金が可能に

  4. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

  5. レストラン予約サービス「JAPAN Trip Navigator」リリース。訪日外国人向けの予約アプ…

  6. AIを使った多言語アプリが登場。自動で質問に答え、文章の学習も可能

  7. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  8. 訪日外国人の地方人気が上昇。コト消費のさらなる需要アップへ

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP