• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

荷物預かりサービスecbo cloakが47都道府県に拡大。さらなるニーズの増加に備える

荷物預かりサービス「ecbo cloak」を運営するecboは、サービスの対応エリアが全国に広がったと発表しました。

今回の記事では、ecbo cloakに関してお送りします。

荷物を預けたい人と預かりたい人を結ぶサービス

ecbo cloakは、スマートフォンによって荷物を預けることができるものです。

利用者は、荷物を預けたい日時と場所を選び、スペースを予約します。店舗に行って荷物を預け、受け取りたいときは証明メールを提示して荷物を引き取ります。利用後は登録しておいたクレジットカードで自動的に決済されるシステムです。

同サービスは観光のさいに荷物を預けたい人が利用しています。急速にサービスを拡大していましたがこの度、47都道府県すべてで利用できるようになりました。今後は、さらなる利用者の増加が予想されます。

サービス開始当時から外国人観光客が主な利用者で、スーツケースなどの大型の荷物を預ける人が多いです。最近では日本人の利用者も増えています。その多くは、コインロッカーには入らない大きめの荷物を預けることが目的です。

現在は、カフェ、神社、ゲストハウスなど、さまざまな場所で荷物を預けることができます。2020年の東京オリンピックに向けて、今後はニーズがさらに増えるはずです。

訪日外国人が「コインロッカー難民」に陥ることを防ぐために、同サービスは注目を集めています。日本人が利用することも可能なので、国内を観光する人にも認知が広がっています。

全国で利用できるようになった荷物預かりサービス「ecbo cloak」。気になる方は、利用してみてはいかがでしょうか。

荷物預かりサービスについては「荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入」で紹介しています。

参考:https://japan.cnet.com/article/35141061/

PR:無料資料ダウンロード

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. LINEがインバウンド向け新機能を試験運用。訪日客に外国語で情報を提供

  2. 日本で1人1,000円の出国税がスタート。税金は旅行環境の整備やインバウンド誘致のために

  3. WAmazingがSIMカードの受取機を鹿児島空港に設置。全国の空港でも同様の取り組み

  4. 高松市で訪日客を支援する学生ボランティア活動が開始。道案内などで市のイメージアップを図る

  5. JTBが大阪で新事業を展開。最先端のおもてなしに注目

  6. 伊藤忠商事とリンベルが業務提携。中国人富裕層むけに新事業を開発

  7. 淡路島、配車サービスUberの導入実験を開始。インバウンド客の利便性アップへ

  8. ANAが「四国ドライビングツーリズム with ANA」を開始。レンタカー利用の促進で訪日客を地方へ…

公共交通機関のインバウンド対応が2020年度までにおおむね完了。旅行環境の整備で訪日客の受け入れ態勢を強化

中国の動画サイト活用事例3つ。プロモーションのポイントも解説します

PAGE TOP