ドローンを使った「鎌倉 空力車」観光サービス開始!

株式会社シアンと株式会社i-link-uが企画した、鎌倉の空を新たな観光資源として活用する新サービス「鎌倉空力車」が、7月からサービス開始します。

株式会社シアンはこれまで観光地の空は観光資源として活用されていないことに気づき、「空のツーリズムをもっと身近にしたい」といった思いから空力車サービスを開発しました。バリアフリーに関する様々なサービスを展開する株式会社i-link-uとともに、鎌倉空力車で鎌倉の新たな魅力を観光客に提供するほか、鎌倉の観光旅行を更にバリアフリーに楽しめるとして、より多くの観光客を誘客します。

空力車とは

空力車とは、VRゴーグルを装着し、ドローンがリアルタイムで撮った観光地の空中映像を見ながら、地元のガイドさん(俥夫)の解説を受けるサービスです。空力車搭乗中の撮影は無料で、撮った写真データも体験後にダウンロードで提供します。今後はドローンではなかなか体験できない360°カメラを搭載する計画です。

今後、空力車は国内全ての観光地、地域コンテンツを空で繋ぎ、いつでもどこでもバリアフリーに観光できるサービスをめざします。

  • おすすめ記事:

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000034762.html

関連記事

  1. インバウンド需要の拡大に伴い、免税店でのラウンド業務などを代行する新サービスが開始

  2. 民泊新法が全国でスタート、東京五輪へ向けて訪日客の受入整備が加速

  3. 政府がムスリム訪日客を増やすための行動計画を策定。訪日客4,000万人達成に向けて1歩前進

  4. 泊食分離(はくしょくぶんり)で旅館の稼働率をアップ。飲食店の活性化にもつなげた星野リゾートの事例を紹…

  5. 海外のお客様にも大人気!浴衣セット付の宿泊プラン今年も販売!

  6. 別府市内路線バスが1日乗り放題など、インバウンド向け観光サービス開始

  7. 米子空港で訪日外国人旅行者向けに「SIMカード無料配布サービス」開始

  8. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP