インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード

千葉でムスリム向けの宿泊施設とレストランがオープン。食事や礼拝環境の強化で訪日客に配慮

 千葉県は木更津市に拠点を置いているJY Global株式会社は、訪日ムスリム客向けのヴィラ(別荘のような宿泊施設)とレストランを8月20日からオープンしました。

 具体的には、

  • 男女別のプレイヤールーム完備のヴィラ「Jesly Villa Tokyo」
  • ムスリムシェフが作る100%ハラールレストラン「Paprika」

の2つです。

 これらの施設は「心から安心して楽しめる旅」をコンセプトにしています。ムスリム訪日客が旅先で抱えがちな不満点を解消し、旅行をより快適なものにすることが狙いです。

 JY Global社は、基本的な文化や習慣から違うムスリム訪日客に向けてのインバウンド対応を実施。インバウンド需要の中でも特に増加しつつあるマレーシアやインドネシアからの需要をとり込みます。

プレイヤールームやハラールレストランの充実でムスリムに対応

 今回オープンする2つの施設は、主にムスリム旅行者が快適に過ごせるよう様々なニーズに応えたものです。

 例えばムスリム客は食べられるものに制限があり、飲食店に入る際にも使っている食材を調べるなどの手間が掛かります。そしてハラールレストランと謳っていても、一部のメニューのみがムスリム向けのことも。普通にアルコールや豚肉が提供されていると、ムスリム客は安心して食事を楽しめません。

 さらに旅先でも礼拝を欠かさない習慣を持っている人も多く、プレイヤールーム(礼拝堂)の充実が求められています。特に現状の日本各地にあるプレイヤールームでは、「広さが十分ではない」などの不満点が挙げられているのです。

 そこでJY Global社は、施設の実現に向けてムスリム200人にヒアリング調査を実施。様々な意見を聴き、ムスリムが心から安心して快適に過ごせる空間づくりを徹底的に追及しました。

 具体的には、ヴィラへ広々とした男女別のプレイヤールームを完備し、誰もが落ち着いて礼拝ができるよう施設を整えています。

 そしてレストランでは、ムスリムの専属シェフがハラール食事を提供。アルコールや豚肉などの完全に排除しており、安心して食事を楽しむことが可能です。

 また、

  • インドネシア
  • マレーシア
  • ネパール
  • フィリピン
  • スリランカ
  • 日本

の各国コンシェルジュスタッフ全員がムスリムという万全の体制でお客さまを迎えます。

 近年、増加しているムスリム旅行者の受け入れを強化するため、政府は「訪日ムスリム旅行者対応のためのアクション・プラン」を策定しました。中でも宿泊施設が対応すべき主な項目が「食事環境の整備」と「礼拝環境の整備」です。

 JY Global社は、ハラールレストランやプレイヤールームなどの設備やサービスを充実させることで、政府が掲げるムスリム対応を実現します。

他の企業が実施するムスリム客向けのインバウンド対策について詳しく知りたい方は「東武鉄道、「TOBU JAPAN TRIP」に観光案内ページを新設。訪日ムスリム客向けの情報を提供」をご一読ください。

参考:https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/pickup/33785/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. ANA(全日本空輸株式会社)とトリップアドバイザー、特集コンテンツで地域活性化を図るコラボ企画が始動…

  2. 金沢市がスポーツと武道を使ったツアーを企画。禅や茶道などを通して日本文化を体験

  3. 政府が出入国制限の緩和に向けて4ヶ国との協議を開始。ビジネス客などを優先し景気回復に努める

  4. 英会話外国人講師が神奈川県真鶴町の魅力を体験、インバウンド対策を提案するプログラム

  5. JR東日本が案内AIシステムの実用化に向けて実証実験を計画。多言語対応などで訪日客にも配慮

  6. 愛知県がインバウンド向けのモニターツアー実施。農作物の魅力をSNSなどで伝える

  7. 全国のカニ旅行ランキングを阪急交通社が発表!~越前・鯖江・武生(福井県)が1位!各地域のカニの種類や…

  8. 古民家再生でインバウンド需要を取り込む!古民家を活用したインバウンド誘致のトレンドや事例を解説

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP