Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

千葉でムスリム向けの宿泊施設とレストランがオープン。食事や礼拝環境の強化で訪日客に配慮

 千葉県は木更津市に拠点を置いているJY Global株式会社は、訪日ムスリム客向けのヴィラ(別荘のような宿泊施設)とレストランを8月20日からオープンしました。

 具体的には、

  • 男女別のプレイヤールーム完備のヴィラ「Jesly Villa Tokyo」
  • ムスリムシェフが作る100%ハラールレストラン「Paprika」

の2つです。

 これらの施設は「心から安心して楽しめる旅」をコンセプトにしています。ムスリム訪日客が旅先で抱えがちな不満点を解消し、旅行をより快適なものにすることが狙いです。

 JY Global社は、基本的な文化や習慣から違うムスリム訪日客に向けてのインバウンド対応を実施。インバウンド需要の中でも特に増加しつつあるマレーシアやインドネシアからの需要をとり込みます。

プレイヤールームやハラールレストランの充実でムスリムに対応

 今回オープンする2つの施設は、主にムスリム旅行者が快適に過ごせるよう様々なニーズに応えたものです。

 例えばムスリム客は食べられるものに制限があり、飲食店に入る際にも使っている食材を調べるなどの手間が掛かります。そしてハラールレストランと謳っていても、一部のメニューのみがムスリム向けのことも。普通にアルコールや豚肉が提供されていると、ムスリム客は安心して食事を楽しめません。

 さらに旅先でも礼拝を欠かさない習慣を持っている人も多く、プレイヤールーム(礼拝堂)の充実が求められています。特に現状の日本各地にあるプレイヤールームでは、「広さが十分ではない」などの不満点が挙げられているのです。

 そこでJY Global社は、施設の実現に向けてムスリム200人にヒアリング調査を実施。様々な意見を聴き、ムスリムが心から安心して快適に過ごせる空間づくりを徹底的に追及しました。

 具体的には、ヴィラへ広々とした男女別のプレイヤールームを完備し、誰もが落ち着いて礼拝ができるよう施設を整えています。

 そしてレストランでは、ムスリムの専属シェフがハラール食事を提供。アルコールや豚肉などの完全に排除しており、安心して食事を楽しむことが可能です。

 また、

  • インドネシア
  • マレーシア
  • ネパール
  • フィリピン
  • スリランカ
  • 日本

の各国コンシェルジュスタッフ全員がムスリムという万全の体制でお客さまを迎えます。

 近年、増加しているムスリム旅行者の受け入れを強化するため、政府は「訪日ムスリム旅行者対応のためのアクション・プラン」を策定しました。中でも宿泊施設が対応すべき主な項目が「食事環境の整備」と「礼拝環境の整備」です。

 JY Global社は、ハラールレストランやプレイヤールームなどの設備やサービスを充実させることで、政府が掲げるムスリム対応を実現します。

他の企業が実施するムスリム客向けのインバウンド対策について詳しく知りたい方は「東武鉄道、「TOBU JAPAN TRIP」に観光案内ページを新設。訪日ムスリム客向けの情報を提供」をご一読ください。

参考:https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/pickup/33785/

[anamedia]

関連記事

  1. LINE PayやPayPayの加盟店で様々な海外決済サービスが稼働。インバウンド需要の取り込みへ

  2. 東南アジア大使館関係者が山梨県笛吹市の魅力を学ぶ 〜訪日外国人観光客誘致を目的とした視察訪問〜

  3. 外国人観光客に人気の広島。3つの理由とインバウンドが訪れる観光スポットを紹介します

  4. 九州で訪日客向けの特設サイト開設。サムライ文化を活かしたインバウンド対策

  5. JTBがトリップドットコムと協業。中国市場に新たな旅行商品を提供

  6. ひろ着物学院が外国人向けの着付け紹介本を出版。英語による解説で着物の魅力を世界に広める

  7. 楽天が兵庫県豊岡市と協定を締結。地域経済の活性化やインバウンド需要創出に意欲

  8. 三陽商会がリニューアルオープンする店舗に「フリギー購」を導入。訪日客の旅マエから商品を提案

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP