Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

国土交通省などが提供する訪日客向けのETC乗り放題プラン。インバウンドの二次交通利用を促進

 訪日客が日本国内を移動する手段として、鉄道や飛行機以外にも様々な交通手段が利用されています。その中でも、旅行者自身が好きな場所へ自由に移動できるのがレンタカーです。

 そして遠くの観光地などに向かう際には、高速道路の利用が欠かせません。しかし通貨や言語の違う他国で高速料金を現金で払うのは、訪日客にとっては大変なことです。

 そこで国土交通省と各有料道路事業者は、ETCカードの貸し出しとセットになった訪日外国人向けの高速道路乗り放題パス「Japan Expressway Pass」を販売しました。

 2017年から発売されているこのパスは、外国人の方が気軽に全国各地を移動できるだけでなく、国内向けのプランと比べてかなりお得です。国土交通省などは訪日客のレンタカー利用を促すことで、全国へのアクセスをスムーズにして地域の活性化につなげます。

NEXCO3社が管理するほとんどの路線が1週間2万円で乗り放題に

 「Japan Expressway Pass」は様々な有料道路事業者と連携することにより、

  • 東日本高速道路(NEXCO東日本)
  • 中日本高速道路(NEXCO中日本)
  • 西日本高速道路(NEXCO西日本)

のほぼ全路線が乗り放題となります。

 逆に対象外区間は、

  • 北海道内の高速道路
  • 第二神明道路
  • 関空橋を通行する車両に対して課税される「関空橋利用税」
  • 関門トンネル
  • 首都高速や阪神高速
  • 本四高速及び道路公社が管理する道路

です。

 ただし道路公社が管理するものの中でも、

  • 播但連絡道
  • 仙台松島道路
  • 京都縦貫道

は「Japan Expressway Pass」の対象に含まれています。

 「Japan Expressway Pass」を利用できるのは、外国のパスポートを持つ人と外国に永住権を持つ日本人です。そして日本で利用できる運転免許証を持っていることが条件になります。

 利用するには全国約275店舗あるレンタカー会社から申し込みを行い、自動車を借りる際に貸し出されたETCカードを使うことで通行できる仕組みです。

価格は、

  • 7日間:20,000円
  • 14日間:34,000円

の2つで長期的なプランの方が割安になります。

 「Japan Expressway Pass」がさらに普及すれば、訪日客の地方へのアクセスがこれまで以上に増加する可能性が高いです。しかし短期滞在だと価格が高く利用しにくいなどの課題もあり、今後の対策に期待が高まります。

訪日客向けにサービスを拡充する東北のレンタカーキャンペーンについて詳しく知りたい方は「JR東日本とトヨタ自動車が東北のレンタカーキャンペーンを拡充。お得なプランや商品で観光客を誘致」をご一読ください。

参考:https://getnews.jp/archives/2199667

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 新潟市と国土交通省が新潟駅周辺の設備事業を推進。駅とバス停のスムーズな乗り換えで訪日客の利便性を向上…

  2. 京都でインバウンド向けのフォトウエディングが開始。一生に一度の思い出を作る体験で訪日客を誘致

  3. 山梨県笛吹市、インバウンド向け観光サイト「THE PEACH CITY」を開始

  4. タクシー配車サービスが東北3県で開始。海外大手ウーバー社の提供で訪日客を呼び込む

  5. 阪急阪神百貨店が「WeChat Pay」との連携を発表。利便性を高め訪日中国人客を呼び込む

  6. 海外のお客様にも大人気!浴衣セット付の宿泊プラン今年も販売!

  7. 公共エリアなどに無料Wi-Fiを整えるサービスをUSENが提供。快適な通信環境でインバウンド需要を高…

  8. クラウドファンディングで阿波おどりの資金を集める。徳島市の取り組みを紹介

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP