インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

アイリスオーヤマが心斎橋に展示場を設置。訪日外国人へ自社商品をアピール

アイリスオーヤマ(本社:仙台市)は2日、大阪の心斎橋に自社の家電製品を展示する展示場を設置しました。

今回の記事では、同社の取り組みに関してお送りします。

ECなどを使って海外での販売拡大につなげる

心斎橋エリアに展示場を設置したのは、海外での認知度を高めるためです。同エリアには訪日外国人が多いため、アイリスオーヤマの商品を外国人にアピールする狙いがあります。

「アイリスプラザ アンテナショップ」を、家電の開発拠点「大阪R&Dセンター」がある自社ビルの1階に設置しました。ここは約300平方メートルあり、200点を超える人気商品を並べます。

展示場ではアイリスオーヤマの定番商品である送風機や布団乾燥機に加えて、液晶テレビや冷蔵庫、エアコンも展示する予定です。これらは海外で人気で、訪日外国人の関心を引く狙いがあります。

ECを使ったネット通販にも力を入れて、中国を中心とした海外への認知度も高めていく目的です。

中国語や韓国語など5カ国語でのパンフレットも配布する予定です。展示場での販売ではなく、QRコードでそれぞれの国の販売サイトへ誘導します。展示場は平日のみ営業し、1日100人ほどの来場を見込んでいます。

同社は大阪での家電メーカー出身の採用を増やすため、2013年に「大阪R&Dセンター」を設立。現在は約100人が勤務し、そのうち約80人が中途採用です。今回の展示場も、関西での地盤をかためるための取り組みです。

展示場を設置して訪日外国人への認知度を高めるアイリスオーヤマの取り組みは、他社でも参考にできるポイントがあります。

大阪のインバウンド事情については「難波(大阪市)にエディオンがオープン。忍者体験、キャッシュレスなど充実のサービスで訪日客を呼び込む」で紹介しています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49310340S9A900C1LKA000/

PR:Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人客にPRしませんか?

Weibo インフルエンサー

中国で信用度の高いインフルエンサーを活用することで口コミを拡散し、店舗の認知向上・送客を実現する新サービスです。
詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

関連記事

  1. 様々な業界でインバウンド向けの多言語対応や通訳サービスなどを実施。東京五輪に向けて各社が競う

  2. 観光庁、飲食店向けのベジタリアンやヴィーガン対応ガイドを作成。インバウンド増加で多様化する食のニーズ…

  3. 徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

  4. バーコード読み取りの多言語対応アプリ「Payke(ペイク)」登場。沖縄のベンチャー企業が開発

  5. ひょうごツーリズム協会、中国最大のSNS「WeChat」で観光情報を発信。地方創生に貢献する

  6. 凸版印刷とTISが訪日客向け予約サイトを開発。多言語対応と自動予約システムに注目

  7. ドコモ・インサイトマーケティングが2月の訪日客数を発表。前年と比べて全体的に好調な推移

  8. Loco Partnersが国慶節のインバウンド旅行動向を調査。利便性の高い地域や施設に人気が集まる…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP