Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

インバウンド向けデジタル広告などの市場規模に関する推計・予測データが公表。今後もさらなる伸びを見せる

 東南アジア最大級を誇るインフルエンサーマーケティング企業の日本法人「株式会社Gushcloud Japan」は、インバウンドに関連した市場規模の推計・予測データを公表しました。

 具体的には、

  • インバウンド、デジタル広告市場規模
  • インバウンド、インフルエンサーマーケティング市場規模

についてです。これらのデータ算出は、デジタル産業の市場調査などを実施する株式会社デジタルインファクトと共同で行われました。

 公表されたデータでは訪日客をターゲットとしたデジタル広告やインフルエンサーマーケティングが、今後も市場規模を拡大していく傾向にあることを示しています。

 以前と比べても、インバウンドがもたらす経済効果は増えました。「観光立国」を目指す日本で、様々な企業がインバウンド事業に力を入れていることが伺えます。

2020年にデジタル広告は506億円、インフルエンサーマーケティングは390億円と予測

 近年、日本のみならず世界中でSNSが普及しており、Webサイトやツイッターなどで情報収集を行う人が増加している傾向です。

 それに伴いインバウンドの集客や認知度アップを図るため、デジタル広告やインフルエンサーを起用した情報発信を実施する企業も数多く存在しています。

 そして今回「Gushcloud Japan」などが実施した調査は、主に日本国内の企業や自治体が訪日客向けに行なったデジタル広告とインフルエンサーマーケティングのデータをまとめたものです。

 例えば「インバウンド・デジタル広告市場規模」では

  • 2018年の推計:298億円
  • 2019年の予測:369億円
  • 2020年の予測:506億円

というデータが出ています。

 また「インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模」では、国内向けとインバウンド向けの需要を公表。具体的には、

  • 2018年の推計:249億円(インバウンド向け30億円)
  • 2019年の予測:306億円(インバウンド向け39億円)
  • 2020年の予測:390億円(インバウンド向け63億円)

です。インバウンドのみで見てみると2018年は全体の約12%、2020年では16.2%と占める割合が増加する予測になっています。

 インバウンド需要が急増している日本では、今後も東京オリンピックや大阪万博などのイベントが開催されます。今回のデータと照らし合わせても、インバウンド市場が活性化していくことは一目瞭然です。

 そして企業や自治体などの効果的なプロモーションで、さらなる訪日客を呼び込むことに期待が高まります。

訪日中国人向けのデジタル広告やプロモーションについて詳しく知りたい方は「訪日中国人向け、旅マエメディア12個まとめ。広告やプロモーション記事を作成して、集客につなげる」をご一読ください。

参考:https://www.exchangewire.jp/2019/09/04/inbound-market/

PR:Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人客にPRしませんか?

Weibo インフルエンサー

中国で信用度の高いインフルエンサーを活用することで口コミを拡散し、店舗の認知向上・送客を実現する新サービスです。
詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

関連記事

  1. NEC新サービスでスマホからインバウンド動向を分析。大分県での取り組みに注目

  2. 2018年の訪日客数が3000万人を突破。東京五輪に向けて順調な推移

  3. 中国人の海外旅行の動向をデータから分析。中国からのインバウンドを獲得するコツとは?

  4. 「CARROZZAレンタカー」がじゃらんに掲載。SNSでのキャンペーンも延長

  5. 大阪東急REIホテルにtalkappiを導入。他の企業や自治体でも続々導入

  6. JR東海が法人向け英語学習サービスを導入。現場の英語力アップで訪日客の受け入れ体制を強化

  7. 観光型複合商業施設「ミ・ナーラ」がイトーヨーカドー奈良店跡にリニューアルオープン

  8. 荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP