Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

JTBが日本美食に資本参加し業務提携を締結。キャッシュレス化や海外PRでインバウンド対策の強化を図る

 大手旅行会社のJTBが、飲食店向けのインバウンド決済や集客サービスを提供する「日本美食」に資本参加し業務提携契約を締結しました。

 資本参加とは、他社の株式を取得・保有することによりお互いの関係性を強化する手法です。相互の持ち合いを意味する資本提携と違い、一方からの保有になります。

 JTBは以前から日本美食と訪日客向けの観光支援アプリ「JAPAN Trip Navigator」で提携していましたが、今後のインバウンド分野でより一層の発展をすべく連携を強化する方針です。

JTBのネットワークでマルチ決済サービスやインバウンド集客サービスを提供

 JTBと日本美食の業務提携は、

  • 決済インフラの整備
  • 地域観光資源の海外PRを拡大

などが目的です。提携業務の幅を広げることで、より多くのインバウンド需要を取り込みます。

 具体的にはJTBのネットワークを通じて、日本美食が提供するマルチ決済サービス「TakeMe Pay」と「インバウンド集客サービス」を提供。訪日客へ飲食店の発信を行うと同時に、決済などの面倒な手続きをスムーズに進め利便性を高めます。

 例えば「TakeMe Pay」は、QRコードやクレジットカードブランドなど国内外の約20種類に対応しているスマホ決済サービスです。

 様々な国や地域の決済に対応しており、

  • VisaやMaster、Apple Payなどの国際系
  • Line PayやPay Payなどの国内系
  • AlipayやWeChat Payなどの中国系

などが利用できます。

 「インバウンド集客サービス」では店舗紹介ページを多言語で制作し、お店の魅力を訪日客へ伝えることが可能です。さらに専属コンシェルジュによる多言語対応サポートで、外国人ユーザーからの問い合わせや予約リクエストにも対応しています。

 これらのサービスを、JTBグループの免税店や受託運営している観光案内所などに導入する予定です。加えて海外PRでは、「旅マエ」の訪日客にアプローチできるプロモーションサービスを提供していきます。

 JTBはインバウンド対策の課題でもあるキャッシュレス化を推し進め、訪日客が快適に旅行できるよう受け入れ態勢を強化することが狙いです。そして観光資源を海外へ幅広く発信し、地域の活性化などにつなげます。

JTBと他の企業が連携しているインバウンド対策について詳しく知りたい方は「JTBが空港内で農産物の販売をスタート。空港とECサイトの連携で販売網を拡大する狙い」をご一読ください。

参考:https://www.travelvoice.jp/20190911-137599

PR:旅マエの旅程検討者にリーチ

旅マエ PR

ANAの媒体を使って航空券購入者へ街やお店の魅力を直接訴求します。

関連記事

  1. 京都でインバウンド向けのフォトウエディングが開始。一生に一度の思い出を作る体験で訪日客を誘致

  2. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  3. 宿泊施設のカギ受渡し代行業務が20日より開始。荷物預かりサービスと合わせて訪日客の手ぶら旅行を促す

  4. 改装中の「渋谷パルコ」が11月下旬にオープン。訪日客向けの店舗などを設置し幅広い客層の獲得を目指す

  5. 谷中で豆腐、味噌からカレー、ビーガンラーメンや書道・茶道まで多彩な体験プログラムを用意【九条Toky…

  6. ユニークワンがHubSpotJapanとパートナー契約。インバウンドマーケツールの提供を開始

  7. マツモトキヨシ、PB医療品に英語表記を追加。訪日客のショッピングニーズに対応する

  8. 泊食分離(はくしょくぶんり)で旅館の稼働率をアップ。飲食店の活性化にもつなげた星野リゾートの事例を紹…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP