• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

JTBが日本美食に資本参加し業務提携を締結。キャッシュレス化や海外PRでインバウンド対策の強化を図る

 大手旅行会社のJTBが、飲食店向けのインバウンド決済や集客サービスを提供する「日本美食」に資本参加し業務提携契約を締結しました。

 資本参加とは、他社の株式を取得・保有することによりお互いの関係性を強化する手法です。相互の持ち合いを意味する資本提携と違い、一方からの保有になります。

 JTBは以前から日本美食と訪日客向けの観光支援アプリ「JAPAN Trip Navigator」で提携していましたが、今後のインバウンド分野でより一層の発展をすべく連携を強化する方針です。

JTBのネットワークでマルチ決済サービスやインバウンド集客サービスを提供

 JTBと日本美食の業務提携は、

  • 決済インフラの整備
  • 地域観光資源の海外PRを拡大

などが目的です。提携業務の幅を広げることで、より多くのインバウンド需要を取り込みます。

 具体的にはJTBのネットワークを通じて、日本美食が提供するマルチ決済サービス「TakeMe Pay」と「インバウンド集客サービス」を提供。訪日客へ飲食店の発信を行うと同時に、決済などの面倒な手続きをスムーズに進め利便性を高めます。

 例えば「TakeMe Pay」は、QRコードやクレジットカードブランドなど国内外の約20種類に対応しているスマホ決済サービスです。

 様々な国や地域の決済に対応しており、

  • VisaやMaster、Apple Payなどの国際系
  • Line PayやPay Payなどの国内系
  • AlipayやWeChat Payなどの中国系

などが利用できます。

 「インバウンド集客サービス」では店舗紹介ページを多言語で制作し、お店の魅力を訪日客へ伝えることが可能です。さらに専属コンシェルジュによる多言語対応サポートで、外国人ユーザーからの問い合わせや予約リクエストにも対応しています。

 これらのサービスを、JTBグループの免税店や受託運営している観光案内所などに導入する予定です。加えて海外PRでは、「旅マエ」の訪日客にアプローチできるプロモーションサービスを提供していきます。

 JTBはインバウンド対策の課題でもあるキャッシュレス化を推し進め、訪日客が快適に旅行できるよう受け入れ態勢を強化することが狙いです。そして観光資源を海外へ幅広く発信し、地域の活性化などにつなげます。

JTBと他の企業が連携しているインバウンド対策について詳しく知りたい方は「JTBが空港内で農産物の販売をスタート。空港とECサイトの連携で販売網を拡大する狙い」をご一読ください。

参考:https://www.travelvoice.jp/20190911-137599

PR:旅マエの旅程検討者にリーチ

旅マエ PR

ANAの媒体を使って航空券購入者へ街やお店の魅力を直接訴求します。

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. 国内最大の商談専門展示会「HCJ2020」開催。インバウンド向け製品・企画が要点の1つに

  2. 「3 in 1 SIM」が登場。SIMのサイズで迷うことがなくなり、訪日外国人の利便性向上に

  3. オンラインでインバウンド業務を学ぶ。「インバウンドリーダー」に注目

  4. 2017年の民泊市場が倍増、1,251億円に。りそな総研が試算

  5. 藤田観光がAIによるコンシェルジュを導入。「ホテルタビノス」1号店で設置

  6. 岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

  7. 函館の観光バスツアーを遺愛女高生が体験。訪日客の通訳ボランティアに活かす

  8. セブンイレブンが民宿鍵の受け取りサービスを発表、6月15日施行の住宅宿泊事業法に合わせて開始

なぜ札幌市白石区が北海道のインバウンド消費総額で1位なのか【事例あり】

九州で訪日客向けの特設サイト開設。サムライ文化を活かしたインバウンド対策

PAGE TOP