インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ラグビーワールドカップ中にキャンピングカーで宿泊する訪日客が増加。場所の確保などで課題も

ラグビーワールドカップが開催されて多くの外国人が日本を訪れているなか、「長期滞在に便利」とキャンピングカーに人気が集まっています。

今回の記事では、キャンピングカーに関してお送りします。

キャンピングカーは長期滞在に便利と人気

今回のラグビーワールドカップは、開催地が北海道から九州まで点在しており、開催期間も長期にわたるので、移動しながら宿泊もできるとして、キャンピングカーが注目されています。

スウェーデンから訪日している公務員の男性は、兄と妹の3人でワールドカップを観戦する予定です。宿を予約する必要がなく、移動できる点が便利だとして、キャンピングカーの利用を決めました。

全国展開し、兵庫県尼崎市にも店舗を構える「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター」によると、今年は昨年の9月や10月に比べて海外客の予約が5倍以上になり、売上も2.5倍になったとのことです。

特徴はレンタルの平均期間が17日間と長期に及ぶことで、価格を普段の2倍から3倍に設定しても予約が殺到しています。外国語への対応なども進みました。

キャンピングカーをとめる場所の確保に課題

キャンピングカーの人気が出ることは好ましいですが、都市部ではキャンピングカーを利用できる場所が少ないのが課題です。

キャンピングカーで宿泊できるのは、オートキャンプ場や同協会が認定する施設「RVパーク」などが代表例として挙げられますが、兵庫県内には1ヶ所しかありません。

道の駅などはキャンピングカーの宿泊が可能ですが、洗濯をする外国人などが跡を絶たないため、キャンピングカーの使用を禁止する場所も多いです。

訪日客のキャンピングカー利用に関して、今後の動きに注目です。

ラグビーワールドカップに関するインバウンド対策については「2019年ラグビーワールドカップのインバウンド対策とは?外国人観光客を呼び込むポイントや対策事例を徹底解説!」で紹介しています。

参考:https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201909/0012728938.shtml

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 楽天トラベル、都道府県人気上昇ランキングを発表。伸び率1位は新潟県

  2. 愛知県がインバウンド向けのモニターツアー実施。農作物の魅力をSNSなどで伝える

  3. 代金を割引して西日本の支援を。ANAの「でかけよう西日本」に注目

  4. 北海道と関西でインバウンド向けのキャンペーンを開始。風評被害払拭に尽力

  5. 沖縄・八重山エリア 小浜島に特化したアクティビティ・ツアー予約サイト「小浜島ツアーズ」をオープン&オ…

  6. 株式会社イグルー、アラビア語圏へのインバウンドマーケティングを本格始動

  7. 自治体向けの専門誌である「ジチタイワークス」がインバウンド向けの情報を発信。

  8. 訪日客向けのSIMカード販売機がQR決済に対応。中国の2大決済サービスで利用可能に

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP