Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

祇園で訪日外国人のマナー向上を狙った実証実験が開始。スマートフォンを利用した方法に注目

京都市の祇園では、訪日外国人のマナー違反が深刻化しています。それを受けて、マナー改善を目的とした実証実験が始まりました。

今回の記事では、祇園のマナー対策に関してお送りします。

スマートフォンにプッシュ通知でマナー向上を目指す

今回の実験では、祇園エリアに近づいた外国人のスマートフォンにプッシュ通知をすることで、マナーの改善を狙います。無断で舞妓さんを撮影してはいけないといったルールを通知して、訪日外国人に注意を促すものです。

通知が届くのは、宿泊施設などが無料で貸し出しているスマートフォンを持っている訪日客です。防犯カメラで訪日外国人の動きを検証し、どれくらいの効果を挙げたのかをリサーチ。

その他にも、地元の住人にアンケートをとるなどして、訪日外国人の行動がどのように変化したかを調べます。

訪日外国人が急増している昨今、マナーに関する苦情が相次いでいます。こういった現象は観光公害と呼ばれ、問題になっているのが現状です。対応策として、スマートフォンを使った今回の実験が考案されました。実験は12月8日まで行われます。

外国人は文化が違う土地で生まれ育っているため、日本人の常識は通じないことが少なくありません。言語の壁もあるので、正確なマナーを伝えることは難しいです。今回の実験では、スマートフォンを使って外国語で通知するため、マナー問題の解決につながることが期待されています。

観光公害が問題になっているのは京都だけにとどまりません。今回の実験がどのような効果をもたらすのか、さまざまな地域から注目を集めています。地域振興やインバウンド対策を考えている方は、祇園の取り組みを参考にしてみてはいかがでしょうか。

訪日外国人のマナー対策については「一部の外国人観光客によるトラブル事例と対策3つ。ポイントは文化の違いを知って、日本のマナーを伝えること」で紹介しています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50397640Q9A930C1LKA000/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. イオンが「みえる通訳」を導入。東南アジアの言語にも対応できる体制を整える。

  2. 職人に特化したインターネット活用支援コミュニティ『CRAFT MAKERS』を開始

  3. ヘリコプターで東北の上空を遊覧。インバウンド富裕層に向けて新しい体験コンテンツがスタート

  4. 大阪東急REIホテルにtalkappiを導入。他の企業や自治体でも続々導入

  5. テクノブレイブ社が病院内の案内板をAR翻訳するアプリを開発。訪日客が利用しやすい医療環境へ

  6. Tokyo Creativeが調布市の観光プロモーションを実施。食や自然の魅力で欧米豪からの集客を図…

  7. 2018年の訪日客数が3000万人を突破。東京五輪に向けて順調な推移

  8. JR東海が法人向け英語学習サービスを導入。現場の英語力アップで訪日客の受け入れ体制を強化

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP