Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

祇園で訪日外国人のマナー向上を狙った実証実験が開始。スマートフォンを利用した方法に注目

京都市の祇園では、訪日外国人のマナー違反が深刻化しています。それを受けて、マナー改善を目的とした実証実験が始まりました。

今回の記事では、祇園のマナー対策に関してお送りします。

スマートフォンにプッシュ通知でマナー向上を目指す

今回の実験では、祇園エリアに近づいた外国人のスマートフォンにプッシュ通知をすることで、マナーの改善を狙います。無断で舞妓さんを撮影してはいけないといったルールを通知して、訪日外国人に注意を促すものです。

通知が届くのは、宿泊施設などが無料で貸し出しているスマートフォンを持っている訪日客です。防犯カメラで訪日外国人の動きを検証し、どれくらいの効果を挙げたのかをリサーチ。

その他にも、地元の住人にアンケートをとるなどして、訪日外国人の行動がどのように変化したかを調べます。

訪日外国人が急増している昨今、マナーに関する苦情が相次いでいます。こういった現象は観光公害と呼ばれ、問題になっているのが現状です。対応策として、スマートフォンを使った今回の実験が考案されました。実験は12月8日まで行われます。

外国人は文化が違う土地で生まれ育っているため、日本人の常識は通じないことが少なくありません。言語の壁もあるので、正確なマナーを伝えることは難しいです。今回の実験では、スマートフォンを使って外国語で通知するため、マナー問題の解決につながることが期待されています。

観光公害が問題になっているのは京都だけにとどまりません。今回の実験がどのような効果をもたらすのか、さまざまな地域から注目を集めています。地域振興やインバウンド対策を考えている方は、祇園の取り組みを参考にしてみてはいかがでしょうか。

訪日外国人のマナー対策については「一部の外国人観光客によるトラブル事例と対策3つ。ポイントは文化の違いを知って、日本のマナーを伝えること」で紹介しています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50397640Q9A930C1LKA000/

[anamedia]

関連記事

  1. 全日空商事の「訪日外国人向けプロモーションパッケージ」第2弾が開始

  2. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  3. 「CARROZZAレンタカー」がじゃらんに掲載。SNSでのキャンペーンも延長

  4. 博物館等の利用者が過去最多と文科省が発表。インバウンド客も増加傾向に

  5. 様々な業界でインバウンド向けの多言語対応や通訳サービスなどを実施。東京五輪に向けて各社が競う

  6. 多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足…

  7. 関西国際空港が改修案を発表。インバウンド客の増加に対応

  8. コロプラと九工大がレンタカーでインバウンド対策。データを収集し、安全や周遊ルート開発に活用

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP