• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

訪日外国人向け民食サービス「airKitchen」の登録者が急増。民泊規制が追い風に

愛知県に本社を置くZAZA株式会社は、登録制のサービス「airKitchen」を運営しています。これは民泊ならぬ民食というサービスで、訪日外国人と一緒に自宅で料理を作るものです。

今、この「airKitchen」が注目を集め、登録者が急増しています。その背景には、民泊の規制強化がありました。

民泊の規制が強化され、撤退するオーナーも続出

2018年の6月に民泊の規制が強化され、

  • 民泊の許可を得ている標識を掲げる
  • 本人確認や宿泊者名簿を管理する
  • 近隣住人からの苦情に対応する

など、民泊オーナーの負担が増えてしまいました。撤退するオーナーも続出し、民泊運営者には厳しい状況が続いています。

規制が強化される前から、民泊の登録はハードルが高かったのも事実です。特に他人を自宅に泊めるという点で、家族の了承を得るのが難しいのがネックでした。

民泊に登録はできないが異文化交流がしたい主婦が「airKitchen」を利用

そんな中、民泊に登録はできないが異文化交流をしたいという主婦の利用者が、「airKitchen」に登録しています。

「airKitchen」では、旅先の人との交流を楽しむというコンセプトのもと、日本人ホストの家庭で料理を提供するホストを募集しています。無料の保険や登録情報を英訳するサービスなど、訪日外国人との交流がスムーズになるようにサポートしてくれます。

民泊の規制が強くなったことが、「airKitchen」への追い風になりました。登録者が急増し、日本人家庭で食事を楽しむ訪日外国人が増えています。観光ではなく、現地の人と食卓を囲みながら交流できるサービスが好評です。

これから新しい民泊の形として、「airKitchen」はより広まっていくはずです。

民泊規制については「民泊新法が全国でスタート、東京五輪へ向けて訪日客の受入整備が加速」をご一読ください。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000032842.html

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. 大阪東急REIホテルにtalkappiを導入。他の企業や自治体でも続々導入

  2. 東南アジア大使館関係者が山梨県笛吹市の魅力を学ぶ 〜訪日外国人観光客誘致を目的とした視察訪問〜

  3. 東北を訪れるインバウンド客が増加。国際便の増加や季節行事が後押しに

  4. JR東日本がQRコードで通過できる新しい改札機器を実験。ICカードなしでも利用可になるか

  5. LINE PayがNever Payと連携。訪日韓国人の取り込みに意欲

  6. 鳥取県で周遊パスが発売。漫画をコンテンツにしてインバウンド対策を

  7. 職人に特化したインターネット活用支援コミュニティ『CRAFT MAKERS』を開始

  8. 国土交通省が2019年の地価基準を発表。インバウンド需要が高まる地方商業地で28年ぶりのプラス

【2018年版】ウェルネストラベルとは?観光×健康でインバウンド獲得のチャンス!

旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!

PAGE TOP