Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

伊藤忠商事とリンベルが業務提携。中国人富裕層むけに新事業を開発

伊藤忠商事は、リンベルと業務提携。中国人富裕層向けに旅行商品を提供する、新たな事業を開始しました。

今回の記事では、伊藤忠商事とリンベルの取り組みに関してお送りします。

中国人富裕層を対象にした新事業

リンベルは、カタログギフトの大手企業です。今回の両社の新事業は、中国人の富裕層を対象としています。

訪日外国人の消費額は2018年には約4兆5064円に達し、その34.1%が中国人です。訪日客はリピーターが半数を超え、旅行形態は地方への個人手配がメインになりました。そしてコト消費の需要が高まるなど、従来のインバウンド業界とは変化が生じています。

そんななかで、中国人富裕層が存在感を増しており、マーケットにおけるアプローチが必要と考えられました。

リンベルはカタログ会社として日本全国にネットワークを持っています。伊藤忠商事は、リンベルとともに中国人富裕層の潜在的ニーズに向けて、日本の文化や伝統を体験できる企画などを開発する予定です。

さらに伊藤忠商事は、アジア有数のコングロマリットであるCPグループと提携。同グループの中国人富裕層ネットワークを活用し、旅行商品を開発・検証する意向を示しました。

伊藤忠商事は今後、リンベルと国内外の伊藤忠グループとの連携を深めて、アジアの富裕層向けの新事業や既存事業との相乗効果も生み出していく予定です。

全く異なる業種である両社が協力することで、新しい旅行事業を作り出した今回の取り組み。このような業務提携は、他の企業でも応用できるはずです。伊藤忠商事とリンベルの取り組みから、今後も目が離せません。

中国人向けのインバウンド対策については「中国人に日本の「のり弁」が話題沸騰!中国で人気のSNSをうまく活用してインバウンド対策につなげよう」で紹介しています。

参考:https://www.travelvoice.jp/20191017-139556

[anamedia]

関連記事

  1. 自転車を使った観光事業。「Brompton 旅切符」の取り組みに注目

  2. 大分県でインバウンド情報を発信するホームページ「インバウンド大分」が開設

  3. 高松市で訪日客を支援する学生ボランティア活動が開始。道案内などで市のイメージアップを図る

  4. 企業・自治体向けデジタルマーケティングサービス「インバウンドネシア」提供スタート。インドネシアに日本…

  5. トリプラ(tripla)とJR東日本スタートアップ、チャットボットを使ったインバウンド対策を開始。乗…

  6. JR東日本とトヨタ自動車が東北のレンタカーキャンペーンを拡充。お得なプランや商品で観光客を誘致

  7. 職人に特化したインターネット活用支援コミュニティ『CRAFT MAKERS』を開始

  8. 東北を訪れるインバウンド客が増加。国際便の増加や季節行事が後押しに

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP