Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ファミリーマートで英語の店内放送がスタート。訪日客へ商品などを訴求

ファミリーマートでは、店内放送を英語にする取り組みをはじめました。

今回の記事では、ファミリーマートの取り組みに関してお送りします。

外国人利用客に訴求

ファミリーマートはUSENを制作陣に迎え、店内放送の音楽番組を10月中ごろにリニューアルします。

USENが提供する400万曲の音楽と、日本語による商品案内に加え、英語による放送を加えました。店内放送で流すのはUSENが提供する音楽番組「ミックスファム with Your Voice」です。

ファミリーマートによると、外国人客は温かい商品を好む傾向があります。今回の英語案内では、ファミチキやホットコーヒーなどの商品案内を、季節や時間帯に合わせて案内することが目的です。

実は外国人客の滞在時間は5分以下と短いので、短い時間でも内容が伝わるよう1時間に複数回、5分ほどの案内を流します。訪日客がどのような反応をするか、注目が集まっている状況です。

またUSENは多言語の放送サービス事業に力を入れており、4月には大阪城天守閣で館内放送の多言語サービス「USENおもてなしサービス」を提供しました。コンビニエンスストアに音声を提供するのは今回が初です。

USENは今後、英語だけでなく中国語など、対応言語を増やすことを検討しています。すでに商業施設で「USENおもてなしサービス」は導入されており、東京オリンピックに向けて観光施設を中心に提供先を増やしていく方針です。

USENとファミリーマートの取り組みは、他の業種でも活用できるかもしれません。気になる方は、調べてみてはいかがでしょうか。

ファミリーマートのインバウンド対策については「ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化」で紹介しています。

参考https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51229280R21C19A0000000/blockquote>

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 博物館等の利用者が過去最多と文科省が発表。インバウンド客も増加傾向に

  2. 東京海上日動とNTTデータがSNSの投稿データを分析。関西エリアやポケモンが人気という結果に

  3. 長野県白馬、古民家などを利用しスキーリゾート地を再生開発。国内外からの観光客を呼び込む

  4. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  5. メイドカフェキャストの頂点を決めるコンテストが開催。英語による接客項目でインバウンドも視野に入れる

  6. JAFがインバウンド向け特設サイトを開設。訪日客に地方の魅力をアピール

  7. 岩手銀行と凸版印刷株式が連携。キャッシュレス化の推進に向けて環境の整備へ

  8. 訪日ベトナム人向けに都内観光・通訳などをサポートする「Loco-Assist」サービスを開始

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP