Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ファミリーマートで英語の店内放送がスタート。訪日客へ商品などを訴求

ファミリーマートでは、店内放送を英語にする取り組みをはじめました。

今回の記事では、ファミリーマートの取り組みに関してお送りします。

外国人利用客に訴求

ファミリーマートはUSENを制作陣に迎え、店内放送の音楽番組を10月中ごろにリニューアルします。

USENが提供する400万曲の音楽と、日本語による商品案内に加え、英語による放送を加えました。店内放送で流すのはUSENが提供する音楽番組「ミックスファム with Your Voice」です。

ファミリーマートによると、外国人客は温かい商品を好む傾向があります。今回の英語案内では、ファミチキやホットコーヒーなどの商品案内を、季節や時間帯に合わせて案内することが目的です。

実は外国人客の滞在時間は5分以下と短いので、短い時間でも内容が伝わるよう1時間に複数回、5分ほどの案内を流します。訪日客がどのような反応をするか、注目が集まっている状況です。

またUSENは多言語の放送サービス事業に力を入れており、4月には大阪城天守閣で館内放送の多言語サービス「USENおもてなしサービス」を提供しました。コンビニエンスストアに音声を提供するのは今回が初です。

USENは今後、英語だけでなく中国語など、対応言語を増やすことを検討しています。すでに商業施設で「USENおもてなしサービス」は導入されており、東京オリンピックに向けて観光施設を中心に提供先を増やしていく方針です。

USENとファミリーマートの取り組みは、他の業種でも活用できるかもしれません。気になる方は、調べてみてはいかがでしょうか。

ファミリーマートのインバウンド対策については「ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化」で紹介しています。

参考https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51229280R21C19A0000000/blockquote>

[anamedia]

関連記事

  1. 株式会社FARM8がビーガン向けのジェラートを発売。インバウンドの増加による食の多様化に対応

  2. 観光庁、訪日ムスリムの受け入れでアクション・プラン策定、食事・礼拝環境などの整備を

  3. 白鶴酒造が「浮世絵ラベル」の日本酒を新発売。日本ならではのお土産で訪日客の満足度アップを狙う

  4. ANA(全日本空輸株式会社)とトリップアドバイザー、特集コンテンツで地域活性化を図るコラボ企画が始動…

  5. 「観光遺産産業化ファンド」で国や自治体、各企業が連携。総額30億円出資など観光事業の支援へ

  6. インバウンド旅行消費額の向上を。政府の2020年目標に向けて様々な課題が打ち出される

  7. 伊藤忠商事とリンベルが業務提携。中国人富裕層むけに新事業を開発

  8. 日本ビューホテルが浅草2軒目のホテルを来春に開業。「和」の魅力で訪日客を呼び込む

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP