インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

エスエフシーが通訳サービスアプリの代理販売を契約。沖縄県内の施設へ広めて、訪日客の利便性アップを

 沖縄県で人材採用などのコンサルティング業務を展開する株式会社エスエフシーは、株式会社インデンコンサルティングと代理販売契約を結びました。

 この業務提携によりエスエフシー社は、インデンコンサルティングが提供している通訳サービスアプリ「スマイルコール」を沖縄県内で販売。外国人観光客が訪れることの多いホテルや飲食店などに導入を広めることで、その利便性アップに努めます。

24時間365日の通訳に対応したアプリで、観光施設の利便性向上につなげる

 インデンコンサルティングの「スマイルコール」は、24時間365日いつでも多言語でのテレビ通訳が可能となるアプリです。2012年にサービスを開始してから1万4,000施設以上の導入実績があり、幅広い職種で利用できます。

 言語は、

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • タイ語

の6つに対応。アプリを起動し必要となる言語を選ぶと、専門のオペレーターにつながり訪日客との会話を通訳してくれます。

 およそ150名の体制で顧客からの通訳依頼に応えられるので、回線が混雑することも少なく、訪日客との円滑なコミュニケーションを実現することが可能です。

 料金は、通訳の利用時間や契約期間などで異なります。例えば端末1つで月30分以内の利用時間だと月額1万4,000円。契約期間は1年となり、初期費用に別途3万円が掛かります。

 英語や中国語を話せるスタッフを新規で採用すると、1人あたり月々20〜30万円ほどの費用が発生するため、施設側は「スマイルコール」の導入で格段にコストを削減できるのです。

 この通訳サービスを代理販売するエスエフシーは、

  • ホテルなどの宿泊施設
  • 飲食店や土産店
  • 病院

などの沖縄県内で訪日観光客の利用が多い施設や、正確なコミュニケーションが必要となる施設への導入を目指しています。

 近年、沖縄県のインバウンド需要は好調に推移していますが、近頃起こった首里城の火災で観光事業に大きな懸念を残しました。

 その影響による被害を最小限に抑えるためにも、今回実施される通訳サービスアプリの代理販売で、観光施設の利便性向上につなげる重要性が高まりつつあります。

その他の企業が実施する通訳サービスについて詳しく知りたい方は「株式会社インバウンドテックの通訳サービスでお客さまの満足度をアップ。概要からメリット、事例まで紹介します。」をご一読ください。

参考:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/493085

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 京都でインバウンド客の子どもを預かるサービスが開始。水墨画など日本文化の体験も可能に

  2. ファノーヴァが訪日客向けのヘアサロン予約アプリを正式にリリース。外国人の集客で美容業界を盛り上げる

  3. JR東日本とトヨタ自動車が東北のレンタカーキャンペーンを拡充。お得なプランや商品で観光客を誘致

  4. 松山市がBluetooth(ブルートゥース)でのインバウンド対策を開始。Wi-Fiや案内板の設置に役…

  5. 長野県白馬、古民家などを利用しスキーリゾート地を再生開発。国内外からの観光客を呼び込む

  6. 「観光公害」について観光庁が初の調査を実施。増える訪日客などに向けて対策を検討

  7. LINE Payを海外でも使用可能に。インバウンド業界からキャッシュレス化の流れが加速

  8. 観光庁がインバウンド対策を多角化したい地域を募集。さまざまな訪日客を受ける基盤をつくる

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP