• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

アイスタイルが国や地域をまたいで閲覧できる口コミサイトを開発。新しい取り組みに注目

化粧品の口コミサイト「アットコスメ(@cosme)」を運営する株式会社アイスタイルは、化粧品の口コミを国や地域をまたいで閲覧できるアプリを開発しました。

今回の記事では、アイスタイルの取り組みに関してお送りします。

国を横断して口コミ検索できる世界初の取り組み

従来の口コミサイトは、地域ごとにしか閲覧できませんでした。今回のアプリは自分の地域や国ごとに口コミを見ることができ、翻訳機能も備えています。現在は英語が主な言語で、今後は対応する国や地域を増やしていく予定です。

まずは香港やマレーシアで配信。その後、配信する地域を増やしていきます。越境ECの取引数やインバウンド客数が増加して、化粧品の購入はグローバル化が進んでいるのが現状です。

その流れに対応するため、今回のアプリが開発されました。

同アプリは、現在8000点の商品を取り扱っています。そして今後は、商品を増やしていく予定です。このアプリが広まれば、化粧品の購入がしやすくなり、市場の拡大が予想されます。

ECや免税店では、自国にはない商品を購入する機会が増えています。そこで世界共通のアプリがあると口コミを参考にしやすいです。世界共通の口コミサイトはこれまでにないもので、高いニーズが見込まれています。

国や地域をまたいで口コミを閲覧できるサイトは、化粧品業界以外でもニーズがあるかもしれません。アイスタイルの取り組みは、他の業界でも参考になるはずです。気になる方は、同社の取り組みを調べてみてはいかがでしょうか。

化粧品業界のインバウンド対策については「百貨店4社が12月の売上を発表。インバウンドに人気の化粧品や高級品が好調」で紹介しています。

参考https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51850090W9A101C1SHA100/blockquote>

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. テクノブレイブ社が病院内の案内板をAR翻訳するアプリを開発。訪日客が利用しやすい医療環境へ

  2. 事業構想大学院大学のオンラインセミナーで事前申込者が1,300名を突破

  3. JNTO、上半期の訪日客数を発表。2020年の目標に向けて順調に推移

  4. 北海道のドラッグストア大手が来期のインバウンド売上高をゼロ想定。訪日需要に頼らない施策が今後のカギ

  5. 北海道と関西でインバウンド向けのキャンペーンを開始。風評被害払拭に尽力

  6. 訪日外国人向け案内サイトが設立。ガイドブックには載っていない穴場を紹介

  7. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  8. JTBが新商品を発売。カップル向けプランや日本の四季を体験できる内容に

日本未来農業研究会が訪日客向けの旅行商品を開発。長崎県の魅力でインバウンド富裕層の獲得を狙う

インド経済の低迷により、失業率が過去最高に。日本のインバウンド業界への影響は?

PAGE TOP