インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

大阪で夜間の観光客を増やす取り組みが開始。最新技術を使ったコンテンツに注目

大阪の商店会や大阪観光局は、夜間も楽しめる観光コンテンツを提供する「道頓堀ナイトカルチャー創造協議会」を発足しました。これはNTTドコモなどの企業と連携してのことです。

今回の記事では、大阪の取り組みに関してお送りします。

ARなどを駆使して夜でも楽しめる街づくりを

今回の取り組みでは、夜間も楽しめる街を作ることが目的です。協議会には11の団体や企業が参加しており、来年2月を目処にICTを使った実証実験に取り組みます。

大阪は東京とならんで訪日観光客が多い都市ですが、夜間に出歩く人が少ないことが課題でした。それを解消するために、最新技術を使ったコンテンツを作ります。

具体的には、ドコモが開発する多言語対応のサイネージを使った看板がその1つです。これを商店の看板などとして利用、クーポンなどの情報を発信します。

大阪名物であるグリコの看板にスマートフォンをかざすと、画面から飛び出てくるアプリなど、拡張現実(AR)を使った取り組みで、夜も楽しめる大阪の街を作る方針です。

2025年には「関西、大阪万博」が予定されており、万博に向けて消費拡大を狙います。

なお大阪府の夜間の経済規模は1.9兆円で、大阪観光局の溝端理事長は「2~3兆円に伸ばしたい」と語っています。

最新技術を使ってインバウンド対策をする大阪の取り組みは、他の地域でも応用できる可能性もあります。今後の動向に注目です。

大阪のインバウンド対策については「大阪で進むIR誘致。観光産業との連携で国内周遊客を生み出す取り組みも」で紹介しています。

参考https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/14/news048.htmlblockquote>

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 大阪梅田のナイトクラブでインバウンド向けのショーが開催。訪日客を呼び込む夜の娯楽スポット

  2. 企業・自治体向けデジタルマーケティングサービス「インバウンドネシア」提供スタート。インドネシアに日本…

  3. 北海道富良野・旭川エリアに特化したアクティビティ・ツアー予約サイト「トレジャーフラノ」をオープン!

  4. JTBが空港内で農産物の販売をスタート。空港とECサイトの連携で販売網を拡大する狙い

  5. JTBが関西国際空港で農作物の販売を開始。ECサイトとの連携で売り上げアップを目指す

  6. 国内最大の商談専門展示会「HCJ2020」開催。インバウンド向け製品・企画が要点の1つに

  7. 「セイコードリームスクエア」が銀座にオープン。セイコーブランド時計の魅力を国内外に発信

  8. トランスコスモス、通訳サービス「ことばスイッチ」を開発。観光地の企業などに提供

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP