Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

富士急バスが水陸両用バスの新車両を運行開始。訪日客向けに多言語アナウンスなどを導入

 富士急バス株式会社は、山中湖で展開する水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA(山中湖のカバ)」の新車両「KABA4」の運行を11月17日から開始します。

 山中湖は山梨県にある富士五湖のひとつで、四季折々の富士山と山中湖の大自然を楽しめるスポットです。

 新たに運行を開始する「KABA4」では、インバウンド向けの映像や多言語でのアナウンスなどを提供。美しい情景だけでなく富士山の歴史に触れてもらい、訪日客に魅力溢れる地域であることを伝えます。

新たに車内モニターを搭載し、映像や多言語で山中湖の魅力を伝える

 「YAMANAKAKO NO KABA」は、陸上走行からそのまま山中湖にダイブする豪快さや富士山の景色を一望しながらクルージングを楽しめる水陸両用バスです。2011年から運行を開始しており、国内外問わず多くの観光客が訪れています。

 今回富士急バスは、さらに多くのお客様の利用やインバウンド需要を取り入れるべく、新車両「KABA4」を導入しました。そして「KABA4」では、国内客と同じくらい訪日客にも山中湖や富士山の大自然を楽しんでもらうための様々な工夫を凝らしています。

 具体的には、

  • 既存車両にはない新たな設備として車内モニターを搭載
  • 英語と中国の2言語によるアナウンス

などです。

 これにより訪日団体客で貸切運行する際には、車内モニターからインバウンド向けに制作した映像を外国語によるアナウンスで放送。訪日客は富士山の歴史などに触れて、理解をより深められます。

 発着場所は、山中湖旭日丘バスターミナル「森の駅」です。料金は、

  • 大人2,300円
  • 小人1,150円
  • 幼児400円

で季節による変動もあります。

 2019年11月17日~2020年2月29日には、「KABA4」の運行開始を記念したSNSキャンペーンも実施。バスの写真をSNSに投稿し、山中湖旭日丘バスターミナル2階で提示すると、オリジナルクリアファイルが先着1,000名様にプレゼントされます。

 今回の新車両導入により「YAMANAKAKO NO KABA」は車両体制が2台から3台に増加するため、イベントでの車両展示や特別運行なども可能になりました。富士急バスはこれまで以上にバリエーション豊富なコンテンツで、地域の活性化に繋げます。

観光バスの様々なインバウンド対策について詳しく知りたい方は「インバウンド需要の変化に観光バスはどう立ち向かうのか」をご一読ください。

参考:https://response.jp/article/2019/11/16/328825.html

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. コカ・コーラ「着物デザイン自動販売機」を北海道に設置。SNSでインバウンド観光をアピール

  2. 奈良県でAI観光案内サービスの実証実験が開始。NTTが画像認識や対話できる人工知能を提供

  3. 千葉でムスリム向けの宿泊施設とレストランがオープン。食事や礼拝環境の強化で訪日客に配慮

  4. エコノスがTTN JAPANとの資本業務提携を発表。タイの訪日ツアーを受け入れインバウンド事業に注力…

  5. トランスコスモス、通訳サービス「ことばスイッチ」を開発。観光地の企業などに提供

  6. 「観光公害」について観光庁が初の調査を実施。増える訪日客などに向けて対策を検討

  7. 丸の内にある訪日客向け総合観光案内所がリニューアルオープン。インバウンド対策の強化を図る

  8. 観光庁、JNTOの多言語化やサポート体制を強化。インバウンド客にスムーズな災害情報の提供を行う

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP