Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

「3 in 1 SIM」が登場。SIMのサイズで迷うことがなくなり、訪日外国人の利便性向上に

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、利用者が自分で切ってサイズを調整できるSIMカード「3 in 1 SIM」を提供開始しました。

「3 in 1 SIM」はカットすることで、

  1. 標準SIM
  2. microSIM
  3. nanoSIM

の3サイズに対応。購入者が自分でサイズを調整できるSIMカードということで、注目を集めています。

利用者が標準/micro/nanoの3サイズに調整できる

「3 in 1 SIM」は今まで購入のさいに起こっていたSIMサイズの問題を解決しました。というのも、スマートフォンやタブレットを使う方は意外と自分のSIMのサイズを覚えていないからです。

「3 in 1 SIM」であれば、訪日客がSIMカードを購入するときにサイズで迷うことがなくなります。

また、それに加えて「3 in 1 SIM」は

  • APN情報のユーザー名
  • パスワード

を入力する必要がありません。そのため、設定にかかる手間も少ないです。

言語は

  • 日本語
  • 英語
  • 韓国語
  • タイ語
  • 中国語(繁体字、簡体字)

に対応しています。通常の音声通話やSMSには非対応で、インターネット利用が中心です。

今回のサービスは主に訪日外国人向けで、海外からのゲストを対応するときなど、SIMカードの確認をしなくてもよくなるのは大きなメリットです。

駅や空港などでの自動販売機で販売し、到着後すぐに使えるように配慮

同社はこれまでも「Prepaid LTE SIM」を提供してきました。駅や空港などで自動販売機を設置し、訪日外国人が到着後すぐに利用できるように配慮してきました。その方針は「3 in 1 SIM」でも継続し、

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 新千歳空港
  • 東京駅
  • 品川駅

など、主要な空港と駅で販売します。Amazon限定のプランも提供しています。

「3 in 1 SIM」の出現で、訪日外国人はより簡単にインターネット接続を得ることができます。インバウンド客をむかえる日本人側も、今回のサービスについて把握しておくと便利でしょう。

訪日外国人向けのSIMカードのサービスについては「米子空港で訪日外国人旅行者向けに「SIMカード無料配布サービス」開始」をご一読ください。

参考:https://www.digimonostation.jp/0000146028/

関連記事

  1. ムスリム向けのお好み焼きを提供。千房ホールディングスのインバウンド対策に注目

  2. LINEがインバウンド向け新機能を試験運用。訪日客に外国語で情報を提供

  3. 京都市がインバウンド対策の助成金制度を創設。Wi-Fiやキャッシュレス対応の資金を援助

  4. 代々木上原、大山、小田原などの観光地を英語ガイドで案内。下北沢ツアーもリニューアル

  5. オワシスが集客支援サービスを開始。体験教室などを支援して新たなインバウンド需要を発掘

  6. あべのハルカスの天空庭園で「こたつ×鍋」メニュー開始。訪日客などに日本の風物詩を提供

  7. TOEIC960点レベルの多言語翻訳プラットフォームが登場。多分野への提供を急ぐ

  8. 大津市でシェアサイクルサービス開始、交通利便性を向上し地域活性化に繋げる

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP