Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

エコノスがTTN JAPANとの資本業務提携を発表。タイの訪日ツアーを受け入れインバウンド事業に注力

 リユース事業を運営する株式会社エコノスは、タイで訪日客の誘致や送客などを手がけるTTNの日本法人「TTN JAPAN」と資本業務提携を結ぶことを19日に発表しました。

 これによりエコノスは、TTN JAPANが企画する北海道ツアー客をハードオフなどのリユースショップで受け入れる事業を展開。新たな収益の柱としてインバウンド事業を成長させる方針です。

訪日ツアーの受け入れだけでなく、ホテルや観光バスなどの共同事業も構想

 近年、タイ人がビザなしで日本へ訪れることが可能になった影響で、訪日タイ人の数が急増しています。旅行会社のTTNはこうした需要を取り込むことにより、日本向けインバウンドツアー旅行会社のシェアトップにのぼりつめました。

 その日本法人であるTTN JAPANは、世界各国へ向けて日本文化や観光地などの情報発信を行い、日本への誘致や受け入れ業務を実施しています。日本と海外をつなぐ架け橋として重要な役割を担っているといっても過言ではありません。

 今年12月にもTTN JAPANは、北海道内で130本のツアーを企画しています。

 一方エコノスは、ハードオフやブックオフなどのリユースショップを北海道エリアで展開している企業です。今回のTTN JAPANとの提携により、日本で増加しつつあるインバウンド需要を取り入れます。

 特に日本アニメのフィギュアはタイからの観光客に人気で、リユース店舗の集客アップにつなげることが目的です。

 それにエコノスが経営地盤としている北海道は、タイ人の人気観光地。四季折々の自然などを楽しめるスポットとして人気を博しています。

 今後は、

  • 日本全国にあるハードオフ店舗への送客
  • TTN JAPANと共同で、ホテルや観光バスの運営事業に参画

などに取り組む予定です。

 またエコノスは第三者割り当てで新株予約権を発行、約3億2千万円を調達することも同日に発表しました。TTN JAPANへの出資資金を確保し、共同で実施するホテルや観光バスの施設を取得するための資金に充てます。

 地域によって、訪れる外国人観光客の層は変わるものです。エコノスは北海道で需要の高い訪日タイ人客をターゲットに見定めることで、より多くの集客を実現しインバウンド事業への参入を目指します。

訪日タイ人へのプロモーションについて詳しく知りたい方は「タイ人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説」をご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52360010Z11C19A1L41000/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 2018年度版「池袋ガイドブック」が9月1日に発行。訪日客による池袋の活性化を目指す

  2. 民泊事業を展開する4社が業務提携。宿泊施設などの運営をより効率よく

  3. 成田空港が基本計画を改定。滑走路の増設などでインバウンド対策をすすめる

  4. 観光庁、訪日ムスリムの受け入れでアクション・プラン策定、食事・礼拝環境などの整備を

  5. 高松市で訪日客を支援する学生ボランティア活動が開始。道案内などで市のイメージアップを図る

  6. 海外のお客様にも大人気!浴衣セット付の宿泊プラン今年も販売!

  7. ANA(全日本空輸株式会社)とトリップアドバイザー、特集コンテンツで地域活性化を図るコラボ企画が始動…

  8. 近畿大学の留学生に大阪の文化「笑い」を提供、吉本興業の「インバウンド向け公演」のマーケティングにも貢…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP