インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

テクノブレイブ社が病院内の案内板をAR翻訳するアプリを開発。訪日客が利用しやすい医療環境へ

 医療系システム開発などの事業を展開するテクノブレイブ株式会社は、病院内の案内板全体のAR表示を翻訳するアプリの実証実験を開始しました。

 同社は2018年より国立研究開発法人「国立国際医療研究センター」と共同研究を行い、ARを活用した翻訳アプリを開発。通常のアプリだとうまく翻訳されない病院内の案内掲示板を正しく多言語で表示することで、増加する訪日客への対応を強化します。

スマホやタブレットにインストールするだけで、簡単に案内板のAR翻訳が可能に

 テクノブレイブ社は医療分野において、常駐による情報システム運用保守や開発、広範囲に渡る顧客サポート業務で多くの実績を持つ企業です。

 また同社はAR技術も得意としており、医療業界でのサービス向上に向けて研究しています。その中で病院内にある案内板の翻訳が、通常のAR翻訳ソフトでは正しく表示されない課題が発見されました。

 増え続けるインバウンド需要に対応するためにも、テクノブレイブ社オリジナルの方法でこの問題を解決する研究を実施。その結果、ARで案内板全体を翻訳できる無料アプリ「Hospital Compass」を開発しました。

 今回の実証実験は「Hospital Compass」を活用し、病院内の案内板を独自方式で各国語に対応する試みです。

 具体的には、

  • アプリ「Hospital Compass」をインストール
  • 病院名と翻訳したい言語を選択し端末を案内板にかざす
  • 画面上に各言語で翻訳表示された案内板がAR表示

という流れで利用できます。

 対応言語は、

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • タイ語
  • ベトナム語

の5つ。さらにミャンマー語やネパール語などを追加していく予定です。

 この実証実験は11月から開始され、21日に開催される医療情報学連合大会にて展示や講演も行われています。

 今回開発された無料アプリ「Hospital Compass」を普及できれば、様々な病院で既存の案内板の修正や架け替え工事をすることなくインバウンド対策が可能です。

 2020年の東京オリンピックを目前に控え、テクノブレイブ社は多くの訪日客が安心して病院を利用できるよう受け入れ態勢を整えます。

外国人患者の受け入れを促進する医療インバウンドについて詳しく知りたい方は「医療インバウンドとは?日本の医療サービスを広め、消費につなげるポイントを解説」をご一読ください。

参考:https://vrinside.jp/news/post-171191/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 観光庁、2019年インバウンド消費額の確報値を発表。国別ではアジア、1人あたりでは欧米が上位

  2. 観光庁が口コミで広がる人気観光スポットを発掘。SNSの画像や書き込みをAIで分析

  3. 京葉銀行がHISと提携。海外進出をする企業を支援

  4. 長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最…

  5. 京都でインバウンド客の子どもを預かるサービスが開始。水墨画など日本文化の体験も可能に

  6. OYOホテルズジャパンの新ビジネス「OYO Ryokan」。伝統的な旅館の魅力と訪日客の過ごしやすさ…

  7. 日本ビューホテルが浅草2軒目のホテルを来春に開業。「和」の魅力で訪日客を呼び込む

  8. ACDとQFPay JapanがQR決済プラットフォームの連携などで基本合意。インバウンド対策や暗号…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP