Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

高尾山に初となる宿泊施設がオープン。国内外から幅広く訪れる登山客や観光客の利便性を向上

 東京の八王子市にある高尾山に、初となる宿泊施設「Mt.TAKAO BASE CAMP(高尾山ベースキャンプ)」がオープンしました。

 高尾山には飲食店や温泉など様々な施設が充実していますが、今まで泊まれる施設はありませんでした。今回の宿泊施設オープンで、より多くの登山者や観光客が高尾山を楽しめるようになるはずです。

1階はカフェやバー、2階にゲストハウスを設置しインバウンドや日帰り客の利用も促す

 高尾山は、京王線高尾山口駅から徒歩3分というアクセスしやすい場所にあり、年間250万人もの人が訪れる山です。日本の観光地を紹介するフランスのガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で3つ星を獲得するほど、高尾山には世界的な知名度があります。

 これまで日帰りでの観光登山として親しまれてきた高尾山ですが、今回の「Mt.TAKAO BASE CAMP」のオープンで、訪れた登山客などは様々な楽しみ方を選択することが可能です。

 具体的には、

  • 自然好きなインバウンドの滞在
  • 企業研修
  • サークルやゼミなどの合宿

などの用途として活躍します。

 「Mt.TAKAO BASE CAMP」の1階にはカフェやバー、ロッカーやシャワーを併設。なお宿泊しなくても利用はできるため、日帰りハイキング客などの利便性アップにもつながっています。

 また誰でも自由に入れるコンコースは、グループの集合場所や身支度する際にも使えるため、登山の準備にもってこいの場所です。

 カフェの1室には大型液晶モニターやホワイトボードなども用意されていて、ガイドによる講習や山に関するイベント企画のためのスペースとしても利用できます。

 利用時間は以下の通りです。

  • カフェ&バー:11:00〜22:00
  • ロッカー&シャワー:6:30〜21:00
  • コンコース:6:00〜22:00
  • スペースレンタル:8:30〜11:00

 そして施設2階は登山者に向けたゲストハウスとなっています。具体的なプランは以下の2つです。

  • 4人部屋と10人部屋のドミトリールーム:1人1泊3,500円
  • ファミリールーム:1室1泊18,000円

 ドミトリールームに設置されているのは、全て2段ベット。海外の宿泊施設によくあるドミトリーや山小屋に近い感覚の部屋なので、訪日客でも利用しやすいです。

 ファミリールームは専用のトイレや洗面所、シャワールームが備え付けられており、家族だけでのプライベートな空間で落ち着いたひとときを過ごせます。

 「Mt.TAKAO BASE CAMP」のオープンでは、登山客の利便性向上につながるのはもちろんのこと、混雑しやすい都心の宿泊施設を避ける訪日客などの需要も取り込むことが可能です。都心からのアクセスに優れた立地を有効活用し、国内外からより多くの観光客を呼び込みます。

また長野県には城での宿泊(城伯)によるインバウンド対策の事例があります。詳しくは「長野県の平戸城が宿泊施設に改修。政府は「城泊」を推進、インバウンド集客につなげる」をご一読ください。

参考:https://www.sankei.com/economy/news/191201/prl1912010069-n1.html

[anamedia]

関連記事

  1. 別府市内路線バスが1日乗り放題など、インバウンド向け観光サービス開始

  2. 富士急バスが水陸両用バスの新車両を運行開始。訪日客向けに多言語アナウンスなどを導入

  3. 徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

  4. 川崎市ハロウィンイベントのインバウンド対策。小型翻訳機など取り組みに注目

  5. インバウンド向け観光バス「スカイホップバス」、JTBなど3社が共同で新会社設立

  6. 世界遺産の街・姫路に「城下町100%体験」お座敷カフェラウンジをつくる!

  7. 大阪で夜間の観光客を増やす取り組みが開始。最新技術を使ったコンテンツに注目

  8. 地域を元気に!ご当地プロレス最大級のお祭り!武藤敬司プロデュース“プロレスフェス2018” 2018…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP