Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

楽天トラベル、都道府県人気上昇ランキングを発表。伸び率1位は新潟県

 旅行予約サービスを提供している楽天トラベルが、「2019年 訪日旅行人気上昇都道府県ランキング」を発表しました。

 このデータは楽天トラベルの外国語サイト経由の予約人数や泊数をもとに、前年同期比の伸び率が高い順に都道府県をランク付けしています。そしてランキング1位に輝いたのは、前年同期比+85.2%となった新潟県です。

1位の新潟県はスキーリゾートによるインバウンド誘致、2位の岐阜県は宿泊施設の増加が影響

 「2019年 訪日旅行人気上昇都道府県ランキング」は、2019年1月1日〜2019年12月31日の間に訪日客が予約したデータを利用しています。

 具体的には、楽天トラベルの6言語10サイト経由の予約人泊数(予約人数×泊数)を集計。前年のデータと比べることで上昇率を算出しています。

 そしてランキング上位は、

  • 1位:新潟県 +85.2%
  • 2位:岐阜県 +72.2%
  • 3位:山形県 +64.7%
  • 4位:福島県 +56.2%
  • 5位:群馬県 +52.1%

という結果になりました。

 トップに輝いた新潟県は前年のランキングだと4位に入っており、年々インバウンドの人気が高まっている地域です。なかでも、

  • 「越後湯沢、苗場」:+105.7%
  • 「上越、糸魚川、妙高」:+95.8%

のエリアが大きく伸びています。越後湯沢をはじめとしたスキーリゾートによる観光などが、インバウンド誘致に少なくない影響を与えているようです。

 2位の岐阜県は、前年のランキング圏外という結果から大きく躍進した地域。エリア別では「高山、飛騨」エリアが+180.2%と大幅に伸びており、新規宿泊施設のオープンが相次いだことが訪日客の増加につながっています。

 さらに岐阜県は観光庁の調査において、2018年度の外国人延べ宿泊者数が148万4,320人、前年比+52%と伸び率トップに輝いているのです。

出典:観光庁「宿泊旅行統計調査 平成30年・年間値(確定値)」https://www.mlit.go.jp/common/001296050.pdf

 3位となった山形県は、前年の5位から手堅く順位を上げています。エリア別では、

  • 「山形、蔵王、天童、上山」:+65.4%
  • 「尾花沢、新庄、村山」:+58.0%
  • 「米沢、赤湯、高畠、長井」:+48.6%

が伸びている結果に。空港や新幹線の駅からアクセスしやすい山形や蔵王などを中心に人気が上昇しています。

 今回のランキングでは前年よりも2倍近くの予約人泊数を誇るところもあり、様々な地域でインバウンド需要の増加が感じられます。2020年の目標である訪日客数4,000万人に向けて、各地で訪日客を呼び込む準備が整いつつあるようです。

他のインバウンド需要に関するランキングについて詳しく知りたい方は「都道府県別のインバウンド需要。最新のランキングをもとに徹底解説します!」をご一読ください。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000021228.html

[anamedia]

関連記事

  1. 神奈川県厚木市、外国語メニューなどに補助金を提供する新制度を導入

  2. 愛知県がインバウンド向けのモニターツアー実施。農作物の魅力をSNSなどで伝える

  3. 宮城県がガイド検索サイトを新設。ガイドと利用者を結ぶシステムに注目

  4. 池袋の街をYouTubeアニメで再現。世界に発信しインバウンドの知名度アップにつなげる

  5. ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化

  6. JTBが大阪で新事業を展開。最先端のおもてなしに注目

  7. 泊食分離(はくしょくぶんり)で旅館の稼働率をアップ。飲食店の活性化にもつなげた星野リゾートの事例を紹…

  8. 長野県白馬、古民家などを利用しスキーリゾート地を再生開発。国内外からの観光客を呼び込む

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP