インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

株式会社Airporterが3,000万円の増資。手荷物配送サービスのさらなる普及に尽力

株式会社Airporterは、BASE Partners LLPとBEENOS株式会社を引受先とする総額3,000万円規模の第三者割当増資を実施します。

今回の記事では、同社の取り組みに関してお送りします。

Airporterは手荷物を当日配送するサービス


Airporterは、旅行者が預けた手荷物を、その日のうちに空港まで配送するサービスです。

宿泊施設での手荷物預かりは、快適に観光をしたい旅行者にとって魅力的なサービスです。しかし、宿泊施設にとっては、クロークやロビーにあふれる荷物が景観を損なってしまう課題がありました。

この問題を解決するために、Airporterは生まれました。旅行者と宿泊施設の間に立ち、双方のジレンマを解消します。Airporterを利用すれば、旅行者は「荷物を取りに戻る労力と時間」を、宿泊施設は「景観の損失と工数」をなくせます。

それにより、旅行者は観光の時間が増え、宿泊施設は本来の景観と顧客満足度を得ることが可能です。

Airporterは、今まであった伝票の記入を不要にして、採寸や会計などの手間も省いています。多言語にも対応したサービスで、旅行者にも宿泊施設にもメリットを提供します。

また旅行客のアンケートによると、2人に1人が「チェックアウト時間を遅らせたい」と考えていることが明らかになりました。というのも、大きな荷物を持って観光するのは動きにくく大変だからです。

とはいえホテルはお客さまの荷物をたくさん預かるとロビーが混雑し、手荷物紛失等のリスクが高まります。

Airporterは紛失事故0の実績を誇り、もし荷物が紛失した場合でも30万円までは補償されます。

旅行者と宿泊施設のジレンマを解消した画期的なサービスであるAirporter。今後のサービス展開に注目です。

旅行客の手荷物対策については「宿泊施設のカギ受渡し代行業務が20日より開始。荷物預かりサービスと合わせて訪日客の手ぶら旅行を促す」でも紹介しています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000031032.html

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 羽田空港の免税エリアで伝統工芸品などを販売。訪日客の動向や購買データをAIで収集

  2. サービス業界の企業が集まる「HCJ2019」開催。今年はインバウンド向けの設備や商品も充実

  3. ホテル向けのAirbnb無料掲載サービスは9月末まで限定スタート、最短三日で掲載開始

  4. 株式会社ティ・エ・エスとD2Cが業務提携、WEBやツアーを通じて訪日外国人に日本の観光地をPR

  5. 広島で「サムライショー」開始。殺陣と音楽を活かしたパフォーマンスでインバウンドを集客

  6. 多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足…

  7. 秋田の3市町がガイド付きサイクリングツアーを企画。季節感あふれる景色で訪日客を魅了

  8. レストラン予約サービス「JAPAN Trip Navigator」リリース。訪日外国人向けの予約アプ…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP