Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

入れ墨をしていても入浴できる温泉が増加傾向に。海外の文化を尊重し、訪日客を取り込む狙い

訪日外国人が増えるなか、入れ墨をしたお客さまへの入浴を認める温泉が増えています。武雄市や嬉野市が対応を検討中です。

今回の記事では、温泉での入れ墨をしたへ入浴客への対応についてお送りします。

国内客の減少をうけ、理解を示す施設も

入れ墨は、反社会勢力のイメージが強いために、国内では入浴を断られる場合が多いです。しかし、海外ではファッション感覚で入れている人も多く、理解を示す施設が増えています。

佐賀県は武雄市の「武雄温泉」では、入れ墨をした入浴客は貸し切り風呂で温泉を楽しんでもらうようにしています。今までは入れ墨をした人は断っていましたが、訪日外国人客が増える中で、対応が変わってきました。

武雄市の温泉旅館である「京都屋」では、5センチから10センチ程度の入れ墨であれば入浴可能です。同旅館の関係者は「最近はおしゃれで彫っているというイメージ。海外の文化も尊重していきたい」と語ります。

入れ墨でも入浴できるようになっている背景には、国内客が先細っている中、訪日外国人を受け入れたいという考えもあります。

観光庁が全国の旅館を対象にしたアンケート調査では、入れ墨がある人の入浴を「断っている」が55.9%にのぼりました。外国文化に理解を示す施設が増えてきたとはいえ、入れ墨への風当たりは依然として強い状態です。

大分県では2019年3月に、入れ墨があっても入浴できる施設をまとめたホームページを作りました。少しでも訪日外国人が快適に過ごせるように工夫しています。

今後、入れ墨を認める施設が増えてくれば、現場での混乱を防ぐために統一したルールを作る必要がでてきます。業界の動きから目が離せません。

タトゥーをした人の入浴については「訪日外国人のマナー問題が深刻化。異文化を理解し、適切なインバウンド対策を進めよう!」でも紹介しています。

参考:https://www.saga-s.co.jp/articles/-/472177

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 福岡県がFacebookでウェブ観光案内所を開設。旅マエ情報を充実させて訪日客を呼び込む

  2. 2018年度上半期インバウンド客の旅行消費額。クルーズ客が増加するも消費は増えず

  3. 「観光遺産産業化ファンド」で国や自治体、各企業が連携。総額30億円出資など観光事業の支援へ

  4. 成田空港が基本計画を改定。滑走路の増設などでインバウンド対策をすすめる

  5. 代々木上原、大山、小田原などの観光地を英語ガイドで案内。下北沢ツアーもリニューアル

  6. 白馬村とKDDIが業務連携。通信技術やアプリを使ってインバウンド客の利便性アップへ

  7. ドローンを使った「鎌倉 空力車」観光サービス開始!

  8. 九州電力がインバウンド誘致事業を開始。自治体や地元企業と協力

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP