Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

大阪高島屋の東別館がホテルに転身。百貨店エリアとの連携で需要を掘り起こす狙い

大阪日本橋にある高島屋東別館が、ホテルへと生まれ変わると発表しました。

今回の記事では、高島屋の取り組みに関してお送りします。

訪日外国人の増加を受けて、ホテルに転身

高島屋東別館は、昭和3年から12年にかけて建築された「旧松坂屋大阪店」が前身です。同44年に高島屋が買い取り、百貨店として経営してきました。

地上9階地下3階で、約67メートルのアーケードや11連のアーチが有名です。内部のエレベーターホールに大理石が使われるなど、荘厳な建造物として知られていました。

老朽化や交通の便が悪いことなどから、今後の活用法が課題でした。訪日外国人が増加していることを受け、今後はホテルとして利用されます。

開業するホテル「シタディーンなんば大阪」は、シンガポール不動産大手のキャピタランドの子会社であるアスコット社が手がけるサービスレジデンスです。国内では4店舗目の展開です。

東別館の1階から7階がホテルになり、313の客室とジムや会議室などが作られます。ラウンジには共用のキッチンが作られて、家族連れの利用客が共同で利用できます。料金は1泊1万~5万円程度です。

誘致の決め手は同社の中国での知名度の高さです。インバウンド対策にはうってつけということで、高島屋も期待をしています。

近くにある高島屋大阪店は、近年のインバウンド市場の活況で同社国内店舗で売上1位を記録しています。今後、高島屋は大阪店と同ホテルの連携を強化する予定です。大阪店からホテルへの送迎バスを運行するなど、さまざまな構想を練っています。

大阪を代表する施設である高島屋東別館の取り組みは、インバウンド業界にどのような影響をもたらすのでしょうか。今後の動きに注目です。

大阪のインバウンド対策については「大阪が外国人観光客から人気を集める3つの理由。集客につながったインバウンド対策とは?」でも紹介しています。

参考:https://www.sankei.com/west/news/200109/wst2001090015-n2.html

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 通訳案内士向けの保険制度スタート。インバウンド増加の影響で通訳ガイドの待遇も改善

  2. 関西地区で動画発信やクーポン配布などによるインバウンド誘致。台風被害からの回復をアピール

  3. ドコモ・インサイトマーケティングが2月の訪日客数を発表。前年と比べて全体的に好調な推移

  4. アイリスオーヤマが心斎橋に展示場を設置。訪日外国人へ自社商品をアピール

  5. 国土交通省は関西空港のPRを開始。台風被害からの復旧をアピール

  6. ホームシェアリング施設「SAKURA」がオープン。ユニークな空間で国内外からの顧客を呼び込む

  7. 妙高市、オーダーシステム「Putmenu」を導入し訪日客の利便性アップへ。注文や決済がスムーズに

  8. JNTO、上半期の訪日客数を発表。2020年の目標に向けて順調に推移

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP