インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

学研のオンライン英会話サービスがインバウンドを想定したレッスンをリリース。実践的な内容に注目

学研ホールディングスのグループ会社Glatsが運営する「kimini」は、1月10日、インバウンド対策の第一弾として接客英語、レストラン編をリリースしました。

今回の記事では、同社の取り組みに関してお送りします。

外国人を接客する際に必要な英語を習得可能

このレッスンでは、飲食店を想定した英会話を習得することが可能です。レストランやカフェなどで必要になる基本的なフレーズが収録されています。

お客様を席に案内し、注文をとってから会計をするところまで、一連の流れをロールプレイングで身につけられます。

近年の訪日客の増加をうけて、英語の需要が高まってきました。今年の夏に迫った東京オリンピックや、2025年の大阪・関西万博もあり、さらなる訪日客が見込まれています。kiminiはインバウンド対策の第1弾として、今回のレッスンをリリースしました。

グローバル化が進む昨今、手軽に受けられるオンライン英会話が注目されています。安価で受けられ、場所や時間に縛られず英語を習得できるので、各社が参入しています。

学研もオンライン英会話に参入し、初心者でも安心して学べるプランがメインです。英語に自信がない方でも始められて、無理なく続けられる料金とカリキュラムです。

小中学生や英語初心者だけでなく、英語上級者のためにビジネス英語のコースもあります。今回の接客用のレッスンだけでなく、様々な場面で役に立つ英語を学ぶことが可能です。

インバウンドを想定したkiminiの英会話レッスン、気になる方は、調べてみてはいかがでしょうか。

インバウンド対策の英会話については「インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始」でも紹介しています。

参考:https://ict-enews.net/2020/01/14kimini/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 観光地に「混雑課金」導入の流れ、インバウンド客増加による車での流入制限が目的か

  2. 自治体や企業の連携によるインバウンドプロモーションが続々登場

  3. 福岡観光の活性化を担う福岡オープントップバスを「WEDDING CONCIERGE JAPAN」がフ…

  4. テクノブレイブ社が病院内の案内板をAR翻訳するアプリを開発。訪日客が利用しやすい医療環境へ

  5. 荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入

  6. ぐるなびが訪日外国人向け災害情報サイトをリニューアル。位置情報を利用して情報提供

  7. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

  8. JTBが2019年の訪日客数を3,550万人と予測。ラグビーW杯などでさらなる追い風に

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP