インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

福岡県がFacebookでウェブ観光案内所を開設。旅マエ情報を充実させて訪日客を呼び込む

 福岡県は、2020年に開催される東京五輪に向けて世界最大のSNSであるFacebookを活用した「ウェブ観光案内所」を開設します。

 これはFacebookで多くのフォロワーを持つ同県のアカウントを利用し、より一層の増加が予想される訪日客への対応を強化する施策です。福岡県は海外からの様々な問い合わせに対応し適切な観光情報を発信することで、訪日客が訪れやすい環境を整えます。

Facebookアカウントから訪日客への問い合わせ対応や観光情報の発信を行う

 もともと福岡県は2017年度にFacebookアカウントを開設し、県内の食文化や自然、観光スポットなどの魅力を発信していました。週1〜2回のペースで定期的に情報を更新しており、英語での発信をしていることから国内だけでなく海外からのフォロワーも多いです。

 そのため現在では、国内外から計約10万8,000人ほどのフォロワーがいます。

 海外からの多くは、

  • インドネシア
  • タイ
  • 台湾

などのアジアを中心とした国々。その他にもアメリカやフランス、オーストラリアなどからもフォロワーを得ています。

 そして今回Facebookを利用した「ウェブ観光案内所」の開設では、様々な疑問や悩みを解消し有益な観光情報を訪日客に提供することが目的です。

 例えば、Facebookのメッセージ機能を利用しフォロワーからのお問い合わせに、72時間以内をめどに細かく対応する仕組みを整えます。

 さらにフォロワーが関心を持っている地域や周辺の観光スポットについて、アクセス方法や割安な交通チケット、イベント情報などを1人1人個別に提供。

 このように福岡県は「旅マエ」情報を充実させ訪日客の不安や心配をなくすことで、県内へ訪れるハードルを下げて多くの観光客を呼び込む狙いがあります。

 昨年開催のラグビーW杯や今年の東京五輪などで、日本へのインバウンド需要は高まる一方です。これまで日本への興味が薄かった外国人客にも、日本文化の魅力を伝える大きなチャンスといっても過言ではありません。

 この絶好の機会に継続的なインバウンド需要を獲得するべく、福岡県は世界最大のSNSを利用して訪日客の誘致につなげます。

インバウンド対策に活用されることが多い、様々なSNS事情について詳しく知りたい方は「訪日外国人はSNSをどのように利用している?最新のSNS事情をインバウンド対策に活かそう!」をご一読ください。

参考:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/576823/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 英会話外国人講師が神奈川県真鶴町の魅力を体験、インバウンド対策を提案するプログラム

  2. 「発見!体験!埼玉県宿泊型旅行商品コンテスト」優秀賞受賞!~人気コンテンツ「温泉むすめ」コラボ企画~…

  3. 池袋の街をYouTubeアニメで再現。世界に発信しインバウンドの知名度アップにつなげる

  4. ホームシェアリング施設「SAKURA」がオープン。ユニークな空間で国内外からの顧客を呼び込む

  5. インバウンドガイド協会が観光案内者向けの書籍を発売。ガイド人材を育成しインバウンドの受け入れ環境を整…

  6. 日本が誇るポップカルチャー「コスプレ」と「ウェディング」を融合させた新しいウェディングスタイル コス…

  7. 日本ビューホテルが浅草2軒目のホテルを来春に開業。「和」の魅力で訪日客を呼び込む

  8. JTBとAirbnbが手荷物配送サービスの実証事業を開始。コンビニでの荷物受け取りが可能に

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP