Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ANAとJR北海道が観光需要を取り込むための連携を開始。訪日客の周遊ルートを開拓し道内の地域活性化につなげる

 全日本空輸(ANA)はJR北海道は、1月20日より北海道の地域活性に向けた連携を開始することを発表しました。

 この連携は北海道内の観光需要を高めるために、様々な施策で両社が協業するものです。連携第1弾となる今回は、きた北海道エリアで利用できるフリーパスの販売などを実施します。

第1弾プロジェクトでは北部エリアのフリーパスや地域シェアリングサービスとの連携を実施

 今回発表されたANAとJR北海道の連携は、国内外から多くの観光客を呼び込むことが目的です。

 特に訪日客においては、中国を中心としたアジア圏が7割を占めていますが、ラグビーW杯の影響で欧米豪からの来訪も増えていることが判明しています。

 この勢いに乗り北海道をさらに発展させるためにも、両社が協業して様々な施策を打ち出す予定です。

 具体的な取り組みには、

  • 両社の想いを統一するために連携ロゴとキャッチコピーの作成
  • ANAとJR北海道の公式HP内に特設サイトを開設
  • 様々な連携プロジェクトへの取り組み

などが挙げられます。

 そして今回連携プロジェクトの第1弾として、

  • 4月から「ANA きた北海道フリーパス」の販売
  • 地域体験のシェアリングサービス「TABICA」との連携

を実施します。

 「ANA きた北海道フリーパス」は宗谷線をはじめとした、きた北海道エリアで利用できるお得な切符です。2020年4月1日〜2021年3月31日の期間で発売し、利用できるのは2021年4月4日までになります。

 料金は、

  • 大人:13,150円
  • U25用:10,520円(12歳以上25歳以下のお客様が対象)
  • 子供:6,570円

です。稚内駅や新千歳空港駅、旭川駅などの合計5ヶ所での販売になります。

 エリア内の特急・普通列車の自由席が乗り降りし放題になるお得感と、スムーズな移動の実現で、より多くの訪日客を呼び込みます。

 シェアリングサービス「TABICA」では、宗谷線沿線に在住しているホストがウォーキングツアーや自然体験などのコンテンツを企画。様々な体験を通じて、訪日客に地域の新たな魅力を伝えます。

 今回のANAとJR北海道の連携は、短期的なものではなく北海道の発展と日本の観光立国を目指すものです。今後も両社は道内の他エリアでの連携を予定しており、継続的な訪日客の誘致に力を注ぎます。

JR北海道が実施する他のインバウンド施策については「JR北海道が無人ホテルをオープン。無人化での人件費削減など、効果に注目が集まる」をご一読ください。

参考:https://www.aviationwire.jp/archives/194268

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. クラウドファンディングで阿波おどりの資金を集める。徳島市の取り組みを紹介

  2. インバウンド向け観光バス「スカイホップバス」、JTBなど3社が共同で新会社設立

  3. 荷物預かりサービスecbo cloakが47都道府県に拡大。さらなるニーズの増加に備える

  4. 京成電鉄、タイで企画乗車券の販売拠点を増加。「旅マエ」からのインバウンド対策を強化

  5. LINEがインバウンド向け新機能を試験運用。訪日客に外国語で情報を提供

  6. 上海吉祥航空による上海ー米子便がスタート。新たな路線で鳥取のインバウンド需要を開拓

  7. 米子空港で訪日外国人旅行者向けに「SIMカード無料配布サービス」開始

  8. 北海道すすきの、土地の再開発などで訪日客が集まる夜の街へ

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP