Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

JTBとAirbnbが手荷物配送サービスの実証事業を開始。コンビニでの荷物受け取りが可能に

JTBはAirbnbと協力して、東京、大阪、京都のファミリーマート6店舗で、訪日外国人向けの手荷物配送サービスを開始します。

今回の記事では、JTBとAirbnbの取り組みに関してお送りします。

ICTを利用した手ぶら観光サービスの実証実験

この事業は、国土交通省から受託した訪日外国人旅行者の利便性向上に向けた実証事業の一貫です。

今回の取り組みでは、ICT(情報通信技術)を利用したサービスである「Luggage Free Travel(LFT)」を利用します。このサービスを使うことで、手荷物配送のオンライン事前予約、決済、配送状況のメール配信などが可能です。

また今回の手荷物配送サービスでは、成田や羽田などの各空港からコンビニまで当日中に配送します。これにより、民泊利用者は日本へ到着してすぐに手ぶらで観光できます。

また、コンビニでは宅配便利用を予約した訪日客が、QRコードで受付できるシステムを採用しました。これにより受付業務を簡略化でき、利便性アップとコストダウンを図っています。

そしてコンビニで手荷物を受け取った訪日外国人には周辺地域のマップを手渡して、周遊を促し消費を活性化させる狙いもあるのです。

JTBは事業全体の管理や、ICT宅配サービスの提供とプロモーションなどを行います。Airbnbは、実証事業を開始するコンビニと、周辺の宿泊事業者に告知をします。

JTBとAirbnbの事業は、インバウンド業界に新しいビジネスチャンスをもたらすかもしれません。気になる方は、調べてみてはいかがでしょうか。

訪日外国人向けの荷物配送サービスについては「株式会社Airporterが3,000万円の増資。手荷物配送サービスのさらなる普及に尽力」でも紹介しています。

参考:https://www.travelvoice.jp/20200123-144972

[anamedia]

関連記事

  1. KNT関東とクラブツーリズムがテレビ番組「刀剣乱舞 おっきいこんのすけの刀剣散歩」とコラボ!おっきい…

  2. コロプラと九工大がレンタカーでインバウンド対策。データを収集し、安全や周遊ルート開発に活用

  3. 富士急バスが水陸両用バスの新車両を運行開始。訪日客向けに多言語アナウンスなどを導入

  4. 訪日ベトナム人向けガイドブックが発刊。3つの分野に分かれた内容で訪日客をサポート

  5. 国土交通省が2019年の地価基準を発表。インバウンド需要が高まる地方商業地で28年ぶりのプラス

  6. 東京モノレール周辺で訪日客の「旅ナカ」を支援する実証実験が開始。アプリやシェアリングサービスを利用

  7. 大阪東急REIホテルにtalkappiを導入。他の企業や自治体でも続々導入

  8. 大阪府にある「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に。インバウンドを含めた観光事業の活性化に拍車がかかる

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP