Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ぐるなびが秋田でインバウンド対策の講演を実施。集客法をわかりやすくレクチャー

飲食店の情報を提供する「ぐるなび」は、秋田市でインバウンド集客のための講演をしました。

今回の記事では、ぐるなびと秋田市の取り組みに関してお送りします。

飲食店向けのセミナーで訪日客を集客

全国的に訪日外国人の数が増えているなか、東北だけは減少しているのが現状です。

2019年1月から11月までに秋田県内に宿泊した外国人は、2018年よりも約3500人減り、7万人を下回っています。

このような状況を受けて、ぐるなびは秋田市でセミナーを開催。セミナー内では「観光資源を売り込むだけでなく、訪日客に店の魅力をアピールすることが重要」と伝えました。

セミナーでは、

  • なんのお店なのかわかりやすくする
  • なにを食べられるのかわかるようにする
  • クレジットカードを使えるようにする

など、秋田市の飲食店や宿泊施設がより訪日客にとって利用しやすくなるコツを手ほどき。インバウンド客をうまく集める施策も紹介しました。

また、SNSでの宣伝の重要性も説明。さまざまな方法で訪日客の利用を増やすことを目指すよう指南しました。

秋田県内では、ぐるなびの講演以外にもインバウンド対策のセミナーが開かれています。東京オリンピックが近づく昨今、同様の取り組みが他の地域でも必要になるかもしれません。

インバウンド対策に力を入れていきたい方は、東北を参考にしてはいかがでしょうか。

秋田の取り組みについては「秋田の3市町がガイド付きサイクリングツアーを企画。季節感あふれる景色で訪日客を魅了」でも紹介しています。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00000003-akt-l05

[anamedia]

関連記事

  1. アニメツーリズムインフォメーションが成田空港にオープン。インバウンドの消費促進も狙った仕掛けとは?

  2. 沖縄・八重山エリア 小浜島に特化したアクティビティ・ツアー予約サイト「小浜島ツアーズ」をオープン&オ…

  3. 富士見町開発合同会社とヒルトン、運営契約を締結

  4. 日本未来農業研究会が訪日客向けの旅行商品を開発。長崎県の魅力でインバウンド富裕層の獲得を狙う

  5. 宿泊施設のカギ受渡し代行業務が20日より開始。荷物預かりサービスと合わせて訪日客の手ぶら旅行を促す

  6. 熊本、福岡で枚数限定のICカードが発売。くまモンのデザインで訪日客の関心を誘う

  7. 金沢市がスポーツと武道を使ったツアーを企画。禅や茶道などを通して日本文化を体験

  8. 丸の内にある訪日客向け総合観光案内所がリニューアルオープン。インバウンド対策の強化を図る

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP