• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

新潟県の病院が遠隔通訳による実証実験を開始。スキーシーズンなどの局所的なインバウンド対策を実現

 新潟県がスキーシーズンに増える外国人患者への新しい対処法を確立するために、上越地方などの14病院で実証実験をしています。

 同実験は民間の通訳サービス会社による「遠隔通訳」で、医師と外国人患者のコミュニケーションを取り持つというもの。新潟県はこの通訳サービスを各病院に導入し、医師の数が少ない地域でのインバウンド対策を強化します。

テレビ電話による通訳サービスで、外国人患者の来院時に対応

 県病院局によると新潟県にある県立妙高病院では、2015年度に71人だった外国人患者が昨年度は192人と年々増えています。

 そんな中で同病院はこれまで身振りや手振り、音声翻訳機などを使って外国人患者との意思疎通を試みてきました。しかし外国人には治療の説明が伝わりづらく、会計をめぐってのトラブルなども発生しています。

 さらに外国人患者は、どの年も4〜11月になると計1〜5人ほどしか来院しません。大半は冬のスキーシーズンに集中しており、その期間だけ通訳を雇うのは難しいことも問題として挙げられているのです。

 こうした現状を改善すべく県病院局や地域振興局の職員などは、昨年4月に県で初めて実施された「若手職員による政策提案推進事業」に通訳サービスの導入を提案しました。

 内容は、医師と外国人患者の意思疎通を「遠隔通訳」で行うもの。これが昨年10月に新潟県知事らに認められ今回の実験に結びつきました。

 実証実験は、今年の1月14日から3月13日までの2ヶ月間で実施されます。具体的には病院と日本医療通訳サービスがテレビ電話などでつなぎ、必要な時のみ医師と患者の会話を通訳できるというものです。

 対象は、

  • 妙高
  • 中央
  • 十日町
  • 松代
  • 柿崎

の県立5病院を含む計14病院です。

 言語は、

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ポルトガル語

に対応しており、幅広い国籍の方とスムーズな意思疎通が行えます。

 またテレビ電話は24時間つながるので、急な来院時にも柔軟に利用することが可能です。

 今回のように冬などの短期的な期間にしか外国人患者が訪れない場合、通訳スタッフを雇うのは難しく、病院の数に応じて十分な人材を確保するのも困難です。「遠隔通訳」の導入はこうした問題の解決に役立つため、他の地域の病院でも普及が望まれます。

スマホアプリによる医療機関でのインバウンド対策について詳しく知りたい方は「テクノブレイブ社が病院内の案内板をAR翻訳するアプリを開発。訪日客が利用しやすい医療環境へ」をご一読ください。

参考:https://digital.asahi.com/articles/ASN2J3R5SN1PUOHB011.html?pn=6

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

この記事と併せて読まれている記事

  1. JTBとAirbnbが手荷物配送サービスの実証事業を開始。コンビニでの荷物受け取りが可能に

  2. Loco Partnersが国慶節のインバウンド旅行動向を調査。利便性の高い地域や施設に人気が集まる…

  3. 別府市で宿泊施設向けのセミナー開催。インバウンドの受け入れ態勢を整える

  4. 川崎市ハロウィンイベントのインバウンド対策。小型翻訳機など取り組みに注目

  5. 【地方出張歓迎】ユニヴァ・ペイキャスト、米子商工会議所・境港商工会議所でインバウンド受け入れ対策に関…

  6. 日本百貨店協会、インバウンド施策に「PinnAR」採用。画像スキャン機能で利便性を高める

  7. 世界遺産の街・姫路に「城下町100%体験」お座敷カフェラウンジをつくる!

  8. 家電をジェスチャー操作する実験が公開。IoT技術を活用したインバウンド対応に期待大

訪日観光客向けナビがグルメサイトと連携。飲食店の情報を表示させる理由とは

イベントホームステイとは?イベント民泊のガイドライン改訂について徹底解説!

PAGE TOP