Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ANAが機内で提供する日本酒を選定。人気銘柄で日本食を楽しめるように工夫

全日本空輸(ANA)は、機内で提供する日本酒のラインナップを発表しました。

今回の記事では、同社の取り組みに関してお送りします。

和食だけでなく洋食にも合う銘柄を選出

ANAは、3月から機内や空港のラウンジで日本酒を出します。国内319銘柄から厳選された46銘柄が、空の旅を美味しく彩ります。

また同社は東京五輪やパラリンピックで訪日客が増えることを想定。和食だけでなく洋食にもあう日本酒が選ばれています。

サービスをシンプルにして運賃の安さを売りにするLCCなどがシェアを伸ばすなか、ANAなどフルサービスキャリアは、サービスの質による差別化が求められるのが現状です。

今回の日本酒の提供は、機内食グレードアップの1つとして採用されました。

ANAの日本酒のラインナップは、ラグジュアリーホテル、コンラッド東京でレストランマネージャーを務める北原康行氏のアドバイスを受けて、路線やクラスごとに選びました。

  • 福井県「黒龍」
  • 愛知県「醸し人九平次」

など、国内で人気のある銘柄があります。

銘柄の選び方については、長距離フライトの場合は複数の銘柄をたのしめるようにして、短距離の場合は1杯で楽しめるようなラインナップです。

オリンピックが近づいて、さらなる訪日客の増加が見込まれるなか、日本の文化や食事を楽しんでもらうために、日本酒が注目を集めています。

気になるかたは、ANAの取り組みを参考にしてみてください。

日本酒を使ったインバウンド対策については「訪日客に人気の日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」。多種多様な飲み方で日本のお酒を楽しめる」でも紹介しています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55769530Y0A210C2XQH000/

[anamedia]

関連記事

  1. AIによるSNS分析でインバウンド対策。観光庁が滋賀県で実施

  2. 外国人の就労拡大へ 単純労働における新資格の創設を

  3. インバウンド向けデジタル広告などの市場規模に関する推計・予測データが公表。今後もさらなる伸びを見せる…

  4. 池袋の街をYouTubeアニメで再現。世界に発信しインバウンドの知名度アップにつなげる

  5. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

  6. エスエフシーが通訳サービスアプリの代理販売を契約。沖縄県内の施設へ広めて、訪日客の利便性アップを

  7. 京王電鉄が訪日客向けの無料Wi-Fi接続支援アプリを導入。インターネット環境を整え旅行情報の発信も

  8. 北東北でDMOの連携会議が設立。東北のインバウンド対策を話し合う予定

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP