• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

東京メトロがQRコードによる発券サービスを開始。訪日客向けの乗り放題チケットが駅や地下鉄でも入手可能に

 東京地下鉄株式会社(東京メトロ)と東京都交通局は、旅行者向けの企画乗車券「Tokyo Subway Ticket」の新しい発券サービスを3月14日から開始すると発表しました。

 このサービスは、東京メトロの主要駅などに設置された専用端末へQRコードをかざすことで乗車券を発券できるもの。東京メトロは、インバウンドに人気のチケットをよりスムーズな方法で提供し訪日客への利用を促します。

東京メトロの駅や都営地下鉄などに設置された券売機を利用

 「Tokyo Subway Ticket」は、東京メトロ全線や都営地下鉄全線が乗り放題となるお得な企画乗車券です。チケットを利用できるのは、一部の国内旅行者や海外からの訪日観光客などに限られます。

 この乗車券のメリットは、初めて使用した時間から有効期間が決定されること。例えば有効期限が24時間なら、夕方に使うと次の日の夕方までチケットが利用可能になります。

 そのため訪日客からの人気が高いチケットです。しかし多くの利用者は、出国前に旅行代理店で決済し日本の空港などでチケットを引き換えているのが現状です。

 今回のサービスではより多くの訪日客が簡単にチケットを利用できるよう、スムーズに発券できる仕組みを構築しています。

 具体的には、

  • オンライン旅行代理店やチケット販売サイトで「Tokyo Subway Ticket」を決済
  • 取得したQRコードを専用の券売機にかざす

という流れです。

 そして券売機は、

  • 東京メトロの69駅
  • 都営地下鉄の31駅

に設置されており駅の営業時間内ならいつでも発券できます。

 これによりチケットの利用者は、事前決済した際の引換券用紙をわざわざ空港や駅の窓口などに持参する必要がなくなるのです。

 また2020年2月21日にはローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニでのチケット販売も開始しています。

 これまで「Tokyo Subway Ticket」は、東京行きの乗車券や航空券などと共に購入する必要があるなど、入手に手間のかかる部分が多くありました。しかし今後は東京メトロや地下鉄での発券や、コンビニ販売などで手軽に購入することが可能です。

 同社は「Tokyo Subway Ticket」の利用できる幅を広げることで、訪日客に便利でお得な移動手段を提案します。

「Tokyo Subway Ticket」ついてさらに詳しく知りたい方は「東京メトロで乗り放題チケットが販売開始。免税店での割引クーポンも」をご一読ください。

参考:https://ligare.news/story/tokyometro_tokyo-subway-ticket-qr/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. 国内最大の商談専門展示会「HCJ2020」開催。インバウンド向け製品・企画が要点の1つに

  2. 2018年度版「池袋ガイドブック」が9月1日に発行。訪日客による池袋の活性化を目指す

  3. 九州電力がインバウンド誘致事業を開始。自治体や地元企業と協力

  4. 日本とベトナムが出入国制限の緩和へ向けた協議の方針。コロナ収束後の迅速な観光復興につなげる

  5. PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

  6. 株式会社FARM8がビーガン向けのジェラートを発売。インバウンドの増加による食の多様化に対応

  7. 観光庁、訪日ムスリムの受け入れでアクション・プラン策定、食事・礼拝環境などの整備を

  8. ANA、訪日旅行客向けサイト「Japan Travel Planner」を新設

観光業界で重要な「サステナビリティ」とは?世界で注目を集めるサステナブル・ツーリズムを解説

AIによるSNS分析でインバウンド対策。観光庁が滋賀県で実施

PAGE TOP