Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

凸版印刷とTISが訪日客向け予約サイトを開発。多言語対応と自動予約システムに注目

凸版印刷とTISは、横浜市内116店舗の飲食店を対象とした訪日外国人向けの予約サイトの実証実験を開始しました。

今回の記事では、両社の取り組みに関してお送りします。

自動予約サービスや多言語対応で利便性を向上

同サービスは「旅道グルメガイドin横浜」という名前で、3月2日から27日までの間、実証実験が行われる予定です。

日本語と英語の2言語に対応しており、自動応答システムで予約の利便性をアップ。店側は、入力された情報を自動音声で受け取ることが可能です。サービス利用者には、飲食店の情報と経路案内をします。

今回の取り組みは、「何度も旅したくなる日本」をコンセプトに実施されています。実証を通じて、観光分野における予約サービスのニーズ把握や、個人情報を管理するための新しいシステム開発をする予定です。

東京オリンピックが近づき、訪日外国人はさらに増えています。特に横浜のような繁華街では、飲食店や宿泊業者が対応を迫られているのが現状です。

多言語対応や予約システムの導入は、課題の1つですが、今回のシステムを導入すれば簡単に解決できます。

訪日外国人にとっては、土地勘のない日本で行きたいお店に行けるかどうかは不安の種です。予約も、言語が違うと確実にとれているかどうかがわかりません。

このような問題を解決するソリューションとして、「旅道グルメガイドin横浜」は注目されています。

インバウンド業界が抱える課題をWebを使って解決するモデルは、他の業種でも活かせるかもしれません。気になるかたは、調べてみてはいかがでしょうか。

アプリやWebによるインバウンド集客については「ファノーヴァが訪日客向けのヘアサロン予約アプリを正式にリリース。外国人の集客で美容業界を盛り上げる」でも紹介しています。

参考:https://www.hamakei.com/photoflash/4470/

[anamedia]

関連記事

  1. 京都でインバウンド向けのフォトウエディングが開始。一生に一度の思い出を作る体験で訪日客を誘致

  2. 2019年上半期の訪日客数が過去最高を記録。各地の取り組みにより外国人宿泊者数がアップ

  3. 東京メトロが多言語翻訳アプリを全駅に導入。鉄道特有の言い回しなどに対応

  4. 日本の花嫁・花婿姿を宿泊プランで体験。ハネムーンで訪れた外国人客を呼び込む

  5. 宿泊施設のカギ受渡し代行業務が20日より開始。荷物預かりサービスと合わせて訪日客の手ぶら旅行を促す

  6. 「CARROZZAレンタカー」がじゃらんに掲載。SNSでのキャンペーンも延長

  7. 公共エリアなどに無料Wi-Fiを整えるサービスをUSENが提供。快適な通信環境でインバウンド需要を高…

  8. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP