Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

インバウンドコールセンター向けの無料通話サービスが登場。魅力は無料通話と格安料金

株式会社POWER PLUGは、インバウンドコールセンター事業者向けの無料通話サービス「TOLFA」をリリースしました。

今回の記事では、同社の取り組みに関してお送りします。

電話回線を利用せずに通話可能

同サービスは、電話回線を利用せずにコールセンターのPBXと直接接続することで、無料通話を実現します。コールセンターごとに専用のWEBインターフェイスが設置され、ユーザーはそれを通してセンターと会話します。

ブラウザをそのままインターフェイスとして使えるので、アプリをダウンロードする必要はなく、ボタンをタップするだけで会話が可能です。音声は高音質で、聞き取りやすくなっています。

音声は暗号化されて、盗聴と漏えいを防ぎます。コールセンターを用意する必要はありませんが、コールセンターとして利用している電話回線があればそのまま使えます。

クラウドやオンプレミスを問わずに利用できる同サービスは、汎用性が高く、どんなコールセンターでも導入することが可能です。

コールセンターはPBX、CTIなどのシステムを入れ替えなくても利用できます。

料金は月額課金制なので、通話時間が長いほどお得に。着信課金制と比べて、その料金を5分の1まで減らすことができます。

大きな利便性と料金の安さが魅力の「TOLFA」は、インバウンド業界に新たな動きをもたらします。

また、インバウンド対策におけるコールセンター業務については「コールセンター業務を委託するメリットや費用、おすすめの8社を紹介します」でも紹介しています。

参考:https://www.atpress.ne.jp/news/206530

[anamedia]

関連記事

  1. 全国のカニ旅行ランキングを阪急交通社が発表!~越前・鯖江・武生(福井県)が1位!各地域のカニの種類や…

  2. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  3. 企業・自治体向けデジタルマーケティングサービス「インバウンドネシア」提供スタート。インドネシアに日本…

  4. 国土交通省などが提供する訪日客向けのETC乗り放題プラン。インバウンドの二次交通利用を促進

  5. 北海道新聞がビーボットの販売を開始。AIによるコンシェルジュサービスに注目

  6. JTBが2019年の訪日客数を3,550万人と予測。ラグビーW杯などでさらなる追い風に

  7. 京都府がインバウンド向け企画乗車券を発売。海の京都エリアを快適に周遊できる内容に

  8. 沖縄国税事務所が「羽田空港泡盛フェスタ2019」を開催。沖縄の伝統的な地酒を多くの訪日客に伝える

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP