インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

セブン&アイHDがアプリによる食品判定システムの実証実験を開始。ムスリムやビーガンの食品選びをサポート

 大手コンビニや百貨店などを展開するセブン&アイ・ホールディングスは、ムスリムやビーガン(完全菜食主義者)向けの「食品判定システム」の実証実験を3月16日から開始しました。

 この試みでは画像認証アプリを利用して、ムスリムの方などが食べられる食材を判別するものです。同社は「食品判定システム」を用いて、インバウンド需要の増加によって生まれた、今までにない食のニーズに対応します。

画面に表示された枠の色で、ムスリムやビーガン向けの食品かを判定

 日本では近年、イスラム教徒の割合が多い東南アジアやビーガンの方などの訪日客が増加している傾向です。そうした食に制限のある訪日客は、日本で食品を購入するさいに食べられるものかどうかを厳密にチェックする必要があります。

 例えば、翻訳アプリを使う、日本語で記載された原材料をスマホから調べるなどです。しかしこれらの方法だと、手間や時間がかかるなどの問題があります。

 セブン&アイ・ホールディングスはこうした食の課題を解決するため、画像認証アプリを利用して商品を判別する実証実験を開始しました。具体的には専用アプリから商品棚を撮影すると、画面上に様々な色の枠が表示されて商品を判別できる仕組みです。

 枠の色は、主に以下のような意味があります。

  • 黒色や灰色:豚肉などの食べられない食材
  • ピンク:ムスリムが食べられる食品
  • 黄色:ビーガンの食べられる食品
  • 水色:ムスリムとビーガンの両方が食べられる食品

 対象となるのは、セブン&アイ・ホールディングスが提供するプライベートブランド「セブンプレミアム」の約2,900品です。

 「食品判定システム」は、もともとNTTドコモとフードダイバーシティが2018年9月に開発したもので試験的に提供されていました。

 今回の実証実験では、この食品判定システムとセブンプレミアム商品の原材料やパッケージなどをデータ連携させてムスリムやビーガン向けに仕上げています。

 この機能は、フードダイバーシティが配信するムスリム・ベジタリアン向け食事アプリ「HALAL GOURMET JAPAN(ハラル グルメ ジャパン)」で利用することが可能です。そして実証実験は都内のイトーヨーカドー6店舗で、3月16日から5月31日まで実施されます。

 今回の実験で使われた食品判定システムが実用化されると、ムスリムやビーガンの食の安全や利便性アップにつながるに違いありません。セブン&アイやドコモ、フードダイバーシティの3社による今後の取り組みに注目が集まります。

他の企業が実施するムスリム向けのインバウンド対策について詳しく知りたい方は「四国医療サービスがハラール食品を販売。ムスリム向けのインバウンド対策として和食を提供」をご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56937550Y0A310C2000000/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 函館の観光バスツアーを遺愛女高生が体験。訪日客の通訳ボランティアに活かす

  2. ロンリープラネット「訪れるべきアジア太平洋地域」に四国が選ばれる

  3. 安芸市が書道を体験できるモニターツアーを実施。日本の心を訪日客に伝える

  4. 金沢市がスポーツと武道を使ったツアーを企画。禅や茶道などを通して日本文化を体験

  5. 汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

  6. 大阪で進むIR誘致。観光産業との連携で国内周遊客を生み出す取り組みも

  7. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  8. 公共交通機関のインバウンド対応が2020年度までにおおむね完了。旅行環境の整備で訪日客の受け入れ態勢…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP