Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

セブン&アイHDがアプリによる食品判定システムの実証実験を開始。ムスリムやビーガンの食品選びをサポート

 大手コンビニや百貨店などを展開するセブン&アイ・ホールディングスは、ムスリムやビーガン(完全菜食主義者)向けの「食品判定システム」の実証実験を3月16日から開始しました。

 この試みでは画像認証アプリを利用して、ムスリムの方などが食べられる食材を判別するものです。同社は「食品判定システム」を用いて、インバウンド需要の増加によって生まれた、今までにない食のニーズに対応します。

画面に表示された枠の色で、ムスリムやビーガン向けの食品かを判定

 日本では近年、イスラム教徒の割合が多い東南アジアやビーガンの方などの訪日客が増加している傾向です。そうした食に制限のある訪日客は、日本で食品を購入するさいに食べられるものかどうかを厳密にチェックする必要があります。

 例えば、翻訳アプリを使う、日本語で記載された原材料をスマホから調べるなどです。しかしこれらの方法だと、手間や時間がかかるなどの問題があります。

 セブン&アイ・ホールディングスはこうした食の課題を解決するため、画像認証アプリを利用して商品を判別する実証実験を開始しました。具体的には専用アプリから商品棚を撮影すると、画面上に様々な色の枠が表示されて商品を判別できる仕組みです。

 枠の色は、主に以下のような意味があります。

  • 黒色や灰色:豚肉などの食べられない食材
  • ピンク:ムスリムが食べられる食品
  • 黄色:ビーガンの食べられる食品
  • 水色:ムスリムとビーガンの両方が食べられる食品

 対象となるのは、セブン&アイ・ホールディングスが提供するプライベートブランド「セブンプレミアム」の約2,900品です。

 「食品判定システム」は、もともとNTTドコモとフードダイバーシティが2018年9月に開発したもので試験的に提供されていました。

 今回の実証実験では、この食品判定システムとセブンプレミアム商品の原材料やパッケージなどをデータ連携させてムスリムやビーガン向けに仕上げています。

 この機能は、フードダイバーシティが配信するムスリム・ベジタリアン向け食事アプリ「HALAL GOURMET JAPAN(ハラル グルメ ジャパン)」で利用することが可能です。そして実証実験は都内のイトーヨーカドー6店舗で、3月16日から5月31日まで実施されます。

 今回の実験で使われた食品判定システムが実用化されると、ムスリムやビーガンの食の安全や利便性アップにつながるに違いありません。セブン&アイやドコモ、フードダイバーシティの3社による今後の取り組みに注目が集まります。

他の企業が実施するムスリム向けのインバウンド対策について詳しく知りたい方は「四国医療サービスがハラール食品を販売。ムスリム向けのインバウンド対策として和食を提供」をご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56937550Y0A310C2000000/

[anamedia]

関連記事

  1. 豊岡鞄、東京駅前の複合商業施設に進出。地域ブランドを世界にPR

  2. 沖縄・八重山エリア 小浜島に特化したアクティビティ・ツアー予約サイト「小浜島ツアーズ」をオープン&オ…

  3. ANA訪日サイト「IS JAPAN COOL? DOU」が国際的な広告賞を受賞。日本伝統の「道(DO…

  4. ひょうごツーリズム協会、中国最大のSNS「WeChat」で観光情報を発信。地方創生に貢献する

  5. 観光庁、2019年インバウンド消費額の確報値を発表。国別ではアジア、1人あたりでは欧米が上位

  6. 札幌市が官民共同の組織を設立。インバウンドの消費動向を分析して地域活性化につなげる

  7. 白馬村とKDDIが業務連携。通信技術やアプリを使ってインバウンド客の利便性アップへ

  8. LINE Payを海外でも使用可能に。インバウンド業界からキャッシュレス化の流れが加速

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP