インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

OYOホテルズジャパンの新ビジネス「OYO Ryokan」。伝統的な旅館の魅力と訪日客の過ごしやすさを両立

OYOホテルズジャパンは、日本で新ブランドである「OYO Ryokan」を始めると発表しました。

今回の記事では、OYOホテルズジャパンの取り組みをご紹介します。

旅館の魅力と訪日客のくつろぎを両立した空間を提供

今回の事業では、まず全国の旅館とフランチャイズ契約を締結。そしてOYOブランドの旅館としてサービスを提供します。

OYOホテルは2019年10月から日本でサービス提供しはじめた、新しいホテルブランドです。

既存のホテルとフランチャイズ契約を結び、予約システムの提供などで利益をあげています。国内を含む、世界76都市で190以上のホテルとフランチャイズ契約を結んでいるのが現状です。

「OYO Ryokan」では、すでに展開している格安ホテルのOYOとおなじように、人工知能を活用します。これにより周辺の競合ホテルとの価格競争を有利に進めています。

「OYO Ryokan」をはじめた同社の狙いは、外国人観光客を取り込むことです。

「OYO Ryokan」では、日本の伝統的な旅館の魅力を残しながら、ソファベッドを取り入れるなど、外国人観光客にもくつろいでもらえる空間を提供します。

2019年の秋から試験的な運営は始まっており、これから事業を拡大していく見込みです。

OYOにはソフトバンクグループが出資しており、アメリカでは事業をひろげていくなど、活躍が注目されている会社です。その一方で、中国とインドでは人員の削減をするなど、経営の再編がおこなわれています。

日本ではどのようにシェアを獲得するのか、OYOホテルズジャパンには今後も注目が集まります。

ホテル業界のインバウンド対策については「JR北海道が無人ホテルをオープン。無人化での人件費削減など、効果に注目が集まる」でも紹介しています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56948530Y0A310C2000000/

関連記事

  1. 中部国際空港に忍者体験ができるVRコンテンツが設置。お得な特典で地方のインバウンド誘客に

  2. 高尾山に初となる宿泊施設がオープン。国内外から幅広く訪れる登山客や観光客の利便性を向上

  3. 「八王子まつり」山車情報を多言語化したサービスを提供。IoTやGPSを利用した情報発信で地方創生へ

  4. JTBが関西国際空港で農作物の販売を開始。ECサイトとの連携で売り上げアップを目指す

  5. 島根県出雲市のインバウンドPR動画、公開から約4ヵ月で視聴回数1,200万回突破

  6. イーライフ、中国人客向け口コミサービスをリリース。AIで的確なターゲティングを目指す

  7. インバウンドコールセンター向けの無料通話サービスが登場。魅力は無料通話と格安料金

  8. Googleマップ最適化サービス「&インバウンドMEO」で大衆点評への対応を開始

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP