Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

インバウンドガイド協会が観光案内者向けの書籍を発売。ガイド人材を育成しインバウンドの受け入れ環境を整備

 一般社団法人インバウンドガイド協会は、4月より外国人の観光案内に役立つ技能を学べる「インバウンドガイドの教科書」を発売しました。

 この書籍では、主に観光案内の仕事についてや日本に関する知識や歴史などがまとめられています。同協会は本書で日本のガイド育成につなげ、2021年に延期となった東京オリンピックに向けて訪日客の受け入れ体制を強化することが狙いです。

書籍はガイド業務だけでなく、日本に関する歴史や伝統芸能なども学べる

 インバウンドガイド協会とは、年々増えている訪日旅行客のニーズに対応し地域の活性化に貢献することを目的とした組織です。

 同協会では、外国人旅行者向けのガイド業務につとめる全ての人を「インバウンドガイド」と呼び、観光案内に携わる人材を広く育成しています。

 これまで有償のガイド業務は、国家資格である「全国通訳案内士」を持っていることが必須条件でした。しかし2018年1月に施行された改正通訳案内士法により、資格の有無に関係なくガイドを実施できるようになったのです。

 こうした背景から観光業界では、ガイドの人材育成やガイドサービスの品質向上などが検討されました。そして様々な企業や自治体が連携して、インバウンドガイド協会が設立されたのです。

 同協会の主な活動は、

  • 書籍の出版
  • インバウンドガイド講座の開催
  • インバウンドガイド検定の創設

となります。

 そして今回の試みで実施されたのが「インバウンドガイドの教科書」の発刊です。

 この書籍では、

  • インバウンドガイドの仕事について
  • ガイド業務に関する法令や制度
  • 旅行者への対応や旅行者向けのサービス
  • 日本に関する基礎知識、歴史、伝統芸能、武道、娯楽

などが記載されています。インバウンドガイドを目指す人が読めば、旅行案内に求められる最低限の知識やスキルを学習することが可能です。

 「インバウンドガイドの教科書」の価格は1,800+税となっており、株式会社KADOKAWAから発行されます。本のボリュームは、A5サイズの用紙256ページ分です。

 2018年1月の改正通訳案内士法により、比較的誰でも訪日客向けのガイド業務に取り組みやすくなりました。しかしそれと同時に、ガイドサービスの質が低下するなどの懸念も生まれたのです。

インバウンドガイド協会は活動を通じて各地のガイド業務を支援することで、観光業界の活性化に貢献します。

改正された通訳案内士法についてさらに詳しく知りたい方は「2018年1月より通訳案内士法が改正。訪日客と通訳ガイドはどうなる?」をご一読ください。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000054045.html

関連記事

  1. 新潟市と国土交通省が新潟駅周辺の設備事業を推進。駅とバス停のスムーズな乗り換えで訪日客の利便性を向上…

  2. 観光庁がコロナウイルスの対策と終息後の振興策を発表。風評被害の払拭などに向け活動

  3. 訪日外国人に英語で地元を紹介!「ネイティブキャンプ英会話」が無料オリジナル教材「都道府県教材 岐阜県…

  4. ANA総研はじめ3社連携で新たな訪日旅行サービスが開始。企画から旅行のサポートまで幅広く展開

  5. 国土交通省が2019年の地価基準を発表。インバウンド需要が高まる地方商業地で28年ぶりのプラス

  6. カラオケボックスチェーン「ビッグエコー」はWeChat Payを導入

  7. 成田空港が基本計画を改定。滑走路の増設などでインバウンド対策をすすめる

  8. PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP