インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

Trip.comグループが世界中に計400万枚のマスクを寄贈。日本の自治体などにも10万枚が送られる

世界各地の旅行予約サイト「Trip.com」を運営するTrip.comグループは、世界25ヶ国以上の地域に合計400万枚のマスクを寄贈しました。

日本では、インバウンド誘致の戦略協定を結んでいる各自治体や団体に合計10万枚のマスクが送られています。Trip.comグループの目的は、今回の活動を通して新型コロナウイルスの感染拡大を防止することです。

マスクの寄贈先は大阪観光局や北海道振興機構など6つの地方団体

Trip.comグループは、これまで地方自治体や観光局などと連携して日本の様々なインバウンド誘致に貢献していました。しかし今回のコロナショックにより、旅行ツアーの多くが予約キャンセルという事態に陥っています。

そんな時に日本の地方自治体や観光局が、熱いエールや応援メッセージをTrip.comグループに送信。同グループはそれらの声援に感謝の意を示すため、インバウンド誘致で戦略協定などを結んでいる地方団体にマスク10万枚を送りました。

マスクを受け取ったのは、

  • 大阪観光局
  • 北海道観光振興機構
  • 横浜市
  • 高知県
  • 愛知県
  • 大分県観光局

など6ヶ所です。

Trip.comグループは当初、世界10ヶ国に合計100万枚のマスクを配布することを発表していました。しかし新型コロナウイルスの感染が予想以上に拡大していることを受け、寄贈する国やマスクの枚数を世界25ヶ国以上、合計400万枚に増加しています。

また同グループでは、その他にも新型コロナウイルス対策につながる活動を実施。具体的には、

  • コロナショックの影響で渡航制限された国や地域の情報提供
  • 「Trip.com」で予約した旅行商品の特別無料キャンセル補償
  • 新型コロナウイルスから身を守るための海外旅行ガイドの発信

などが挙げられます。

現在の日本は深刻なマスク不足です。全国のドラッグストアやコンビニで常時売り切れていることも珍しくありません。

今回Trip.comグループから関係各所に寄贈されたマスクは、観光施設や宿泊施設への配布、市の児童福祉施設への配布など、さまざまな場所での新型コロナウイルス対策に有効活用される見込みです。

各自治体のインバウンド向けコロナ対策について詳しく知りたいは「いま自治体が取るべきインバウンド向けのコロナ対応とは。今後のインバウンド対策についても解説します」をご一読ください。

参考:https://www.kankokeizai.com/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%9C%80%E5%A4%A7ota%E3%81%AEtrip-com%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%80%81%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E8%AA%98%E8%87%B4%E3%81%AE%E6%88%A6/

関連記事

  1. 楽天トラベル、イニエスタ選手を起用したプロモーションを実施。欧州からの訪日客アップへ期待

  2. 高松市で訪日客を支援する学生ボランティア活動が開始。道案内などで市のイメージアップを図る

  3. Catalu JAPANとJ&J事業創造の共同事業。インバウンド客が伝統工芸品をお土産にす…

  4. 観光庁、2019年インバウンド消費額の確報値を発表。国別ではアジア、1人あたりでは欧米が上位

  5. 京都府がインバウンド向け企画乗車券を発売。海の京都エリアを快適に周遊できる内容に

  6. KDDIとギフティが訪日客へクーポンやギフトの配布実験を開始。データは今後のインバウンド対策に

  7. 日本茶専門店のインバウンドPR動画が公開。海外YouTuberと連携し日本茶の魅力を伝える

  8. JAPAN Trip NavigatorがJapanTaxiと連携。新機能追加で利便性が向上

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP