インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

台湾人へグループインタビューできるサービスが開始。文化翻訳で生きた情報を提供

株式会社JKL331は、台湾のインバウンド対策をする自治体や企業に文化翻訳付きの「オンライン・生声・グループインタビュー」の提供をはじめました。

今回の記事では、同社の取り組みに関してお送りします。

アフターコロナを見据えて台湾へのインバウンド対策を

コロナウィルスの影響で世界的にインバウンド業界が苦戦しているなか、台湾からの旅行者も減っています。しかし、台湾は親日国家であることなどから、コロナの収束後ではインバウンド客が多く来日するとみられます。

JKL331は、コロナの収束後に台湾からの旅行客を迎えるにあたって、自治体や事業者が必要とする情報を提供するために、同サービスをはじめました。

具体的には、グループインタビューを通して台湾人が日本への旅行の際に求めていることを聞き出す内容です。

  • 台湾の旅行業界に詳しいスタッフが対応
  • 文化翻訳(言葉のニュアンスや背景まで翻訳する手法)で生きた情報を提供
  • 対応が早くてリーズナブル

という特徴を備えており、誰でも気軽に利用できるサービスです。

同サービスを利用する場合、台湾事情に精通したスタッフがグループインタビューをセッティングして、インタビュー中でもチャットボックスで質問できます。

翻訳は機械的なものではなく、言葉の裏にある意味や文化的な背景も伝える文化翻訳です。

日本に興味のある台湾人がコロナのいま感じていることをヒアリングできるので、インバウンド対策をしたい方にとっては貴重な機会の1つになります。

台湾へのインバウンド対策に興味がある方は、利用してみてはいかがでしょうか。

台湾のインバウンド事情については「台湾インフルエンサーの活用事例。SNSによるインバウンドプロモーションについて解説します」でも紹介しています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000022437.html

関連記事

  1. JAFがインバウンド向け特設サイトを開設。訪日客に地方の魅力をアピール

  2. 荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入

  3. ACMEとmod’s hairが旅行者向けのコラボ商品を販売。快適なツールで旅の利便性を向上

  4. 神戸市摩耶山、開発規制を緩和。レストランなどを建てることが可能に

  5. 北東北でDMOの連携会議が設立。東北のインバウンド対策を話し合う予定

  6. 神奈川県、ボランティアガイド講座を本格化。無料で質の高いガイド育成へ

  7. 中国人向けのインバウンドクーポンサービスが登場。効果的なプロモーションの一助に

  8. 伊予鉄タクシーが「Pay Pay」を導入。インバウンド対策として注目

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP