• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ガイアックスが外国人向けのオンライン芸者飲み会を開催。日本の伝統芸能をリモート体験で海外に広める

株式会社ガイアックスは箱根湯本芸能組合と連携して、オンラインで芸者と遊べるイベント「Meet Geisha Online Drinking」を開催しました。

この試みの目的は、新型コロナウイルスの影響で来日できない海外の方にリモートで観光を楽しんでもらうことです。同社は自粛ムードが続く情勢の中、日本への関心が高い外国人のニーズを満たし、観光需要の回復につなげます。

オンライン会議ツール「Zoom」で芸者と海外の方が触れ合える

日本では2020年6月5日現在、新型コロナウイルスの水際対策として111ヶ国・地域からの入国を拒否しているのが現状です。さらにその他の国からの入国者に対しても、自宅やホテルなどで14日間の待機と公共交通機関の利用自粛を要請しています。

日本国内でも、緊急事態宣言を発令するなど様々な対策を実施しました。これにより新型コロナの感染者数は、次第に減少している状況です。

そして政府は次の段階として、入国規制の緩和を検討しています。しかし緩和の対象となるのは、まずビジネス客や専門家などです。このことから観光で訪れるインバウンド客の入国が許可されるのは、かなり後になることが予想されています。

そこでガイアックスは日本へ観光できない外国人の方に向けて、自社が提供している芸者とのオンライン飲み会イベント「Meet Geisha」を英語対応で開催しました。

このコンテンツでは主にオンライン会議ツール「Zoom」を利用し、自宅にいながら箱根で活躍されている芸者の方と触れ合えます。

具体的には、

  • 芸者とのお話や質問タイム
  • 日本独特のお座敷遊びをオンラインで体験
  • 日本舞踊の鑑賞

などが挙げられます。

外国人の方はZoomを利用できるスマホやパソコンと、お酒やおつまみなどを用意するだけで気軽に参加することが可能です。

5月29日に開催された飲み会では、「海を越えて日本の伝統文化に触れるひとときを過ごすことができた」「箱根には行ったことがないけど、落ち着いたら遊びに行きたい」などの感想を外国人の方が述べています。

またイベントは、今後も毎週金曜と土曜に開催する予定。時間帯は21時〜と21時30分〜の2回に分けられます。6月6日と6月13日には、予約が満員となっている時間帯もあるようです。

ガイアックスは、今回のイベントで日本の伝統芸能の奥深さを知ってもらうと共に、自粛ムードで不満が溜まっている方の気晴らしや人とのつながりを深める機会に貢献します。

他の事業が実施するオンライン体験でのインバウンド対策について詳しく知りたいは「【新型コロナを受けて】ホテルのオンライン体験とは?実例やメリットを紹介」をご一読ください。

参考:https://www.excite.co.jp/news/article/Prtimes_2020-06-02-3955-362/

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. そごう横浜店 全館無料Wi-Fiサービスを導入します

  2. ネスレ、インバウンド向けに梅酒の新商品を開発。期間限定の日本酒バーでお酒の体験も

  3. ANA、訪日旅行客向けサイト「Japan Travel Planner」を新設

  4. 多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足…

  5. 劇団四季、スマートグラスで多言語字幕サービスを提供 訪日観光客および聴覚障害者への対応にも

  6. 妙高市、オーダーシステム「Putmenu」を導入し訪日客の利便性アップへ。注文や決済がスムーズに

  7. 観光庁、飲食店向けのベジタリアンやヴィーガン対応ガイドを作成。インバウンド増加で多様化する食のニーズ…

  8. LINE PayやPayPayの加盟店で様々な海外決済サービスが稼働。インバウンド需要の取り込みへ

【徹底解説】WeChatミニプログラムとは?特徴やメリット、活用事例を紹介

コロナウイルスの影響で中国は越境ECサイトの利用者が増加?市場規模やニーズ、おすすめのサイトをまとめて解説

PAGE TOP