インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

BOJ社がインバウンド向けのVirtual Experience商品を販売。バーチャル観光で日本の魅力をPR

インバウンド専門の旅行会社「Beauty of Japan」を運営するBOJ株式会社は、訪日客向けのサービスであるVirtual Experience商品の販売を開始します。

Virtual Experience商品とは、主に地域の文化や歴史といった観光資源をバーチャル(仮想)体験できるコンテンツです。BOJ社は、新型コロナの影響で渡航できない今だからこそ活躍するサービスで、観光事業の復興に一役買います。

訪日客は観光スポットや宿泊施設などをオンラインで体験

新型コロナウイルスの影響により、日本では緊急事態宣言の発令や入国制限が厳しくなるなど自粛ムードが続いています。

特に入国制限に関しては現在でも国同士の話し合いを進めており、順序を踏んで段階的に規制を解いていく姿勢です。ただし観光客の入国制限を解除するには、まだまだ時間がかかるものと予想されています。

そこでBOJ社は、ステイホームの期間が長く続いている中で増加しているバーチャル観光の需要に着目。日本への観光や旅行を求めている外国人の方に向けて、Virtual Experience商品の販売を開始します。

Virtual Experience商品は、主に日本の観光施設や宿泊施設、伝統的な文化や食事などの様々なバーチャル体験を訪日客に提供するものです。

具体例としては、

  • 観光地として名高い浅草にスポットを当てた「浅草探訪」
  • 温泉宿の歴史や種類、入浴方法などを紹介する「純日本式温泉宿探訪」
  • 切り絵のデモンストレーションなどを行う「伝統切り絵の世界」

などが挙げられます。

これらの商品を作るのは、訪日客へのプロモーションを実施したい観光事業者や宿泊事業者、通訳案内士の方などです。BOJ社はこれまでの経験やノウハウを活かして、商品作成についての助言や提案などでサポートを行います。

Virtual Experience商品の詳しい概要やお問い合わせについては、BOJ株式会社のプレリリースをご参照ください。

参考:https://www.tcvb.or.jp/jp/forum/Final%20BOJ%20Virtual%20press%20release.pdf

日本のインバウンド需要は、新型コロナの影響により大きく減少しました。しかも国や企業が置かれている状況は、これまでになく厳しい事態です。

そうした中で訪日客のニーズを満たすためにも、現在の自粛ムードに適したこれまでとは違うアプローチが必要になるはずです。BOJ社は、バーチャル観光という新しい形で訪日客へのPRを実施します。

ホテル事業によるバーチャル体験について詳しく知りたい方は「【新型コロナを受けて】ホテルのオンライン体験とは?実例やメリットを紹介」をご一読ください。

参考:https://www.sankeibiz.jp/business/news/200608/prl2006081222062-n1.htm

関連記事

  1. Loco Partnersが国慶節のインバウンド旅行動向を調査。利便性の高い地域や施設に人気が集まる…

  2. JR東海がラグビーワールドカップに向けた商品を発売。周遊きっぷなどで訪日客を集客

  3. 訪日外国人向け民食サービス「airKitchen」の登録者が急増。民泊規制が追い風に

  4. 富士通、AI技術による訪日客向け旅行先提案サービスを開発。1月より実証実験スタート

  5. インバウンド向け不妊治療ツーリズム事業を開始。

  6. 大手カラオケチェーン店に外貨両替機設置、インバウンドニーズに対応

  7. JR東日本が中国の大手旅行会社と戦略的提携。地域の魅力などを発信し東日本エリアへのインバウンド誘客を…

  8. 東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP