トランスコスモス、通訳サービス「ことばスイッチ」を開発。観光地の企業などに提供

デジタルマーケティングやコンサルティング事業を行うトランスコスモス株式会社は、タブレット型の多言語ビデオ通訳サービス「ことばスイッチ」の提供を開始しました。

このサービスは、高まるインバウンド需要に必要な通訳ニーズに対応するため、トランスコスモスが開発。通訳が必要な企業側と、顧客である訪日観光客側の対話がスムーズに進むようにサポートすることが目的です。

やり取りの状況や表情を映像で確認しながら通訳する「ことばスイッチ」

「ことばスイッチ」は、外国語の話者と対応者の間にオペレーターが入って通訳を行う「三者間通訳サービスアプリケーション」です。例えば外国人観光客とお店の従業員がコミュニケーションする際に、タブレットやスマートフォンを通じてオペレーターが翻訳します。

具体的には、会話している人の状況や表情を、トランスコスモスの多言語コンタクトセンターの担当者が確認しながら通訳。この方法により、外国人観光客のニーズに応えられる適切な対応が実現します。

また、外国語に不慣れな従業員の聞き間違いなどによる、ミスを防止することが可能です。

対応言語は、

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語

の3言語。

さらに今後は

  • ポルトガル語
  • スペイン語
  • タイ語
  • ベトナム語

にも対応する予定です。

料金は従量課金制なので利用しやすい

「ことばスイッチ」の利用料金は、

  • 初期費用:0円
  • 月額固定費:3,000円
  • 1分あたり100円の従量課金制

です。

利用した分だけ課金される従量課金制を採用しており、利用する機会が少なくても月額制のように費用が高くなることはありません。

従量課金制にすることで初期費用や月額固定費も下がり、サービス導入へのハードルを下げることが狙いです。

このようにトランスコスモスは、訪日観光客のニーズに応えらるサービスを提供し、通訳ニーズの対応が困難な企業のサポートに努めます。

訪日観光客の多言語対応については「インバウンド客への多言語対応でスムーズな接客を! 手軽にできる対策からおすすめアプリまでご紹介」をご一読ください。

参考:https://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/180711.html

関連記事

  1. 奈良県でAI観光案内サービスの実証実験が開始。NTTが画像認識や対話できる人工知能を提供

  2. 宮古島のキャッシュレス化を推進する実証実験が2日に開始。NTTドコモなど8つの団体が参加

  3. 「八王子まつり」山車情報を多言語化したサービスを提供。IoTやGPSを利用した情報発信で地方創生へ

  4. 中国の検索大手バイドゥがJFNと連携。日本のカワイイ文化を発信

  5. インバウンド向け両替サービスが提供開始。ローソン「Loppi」から手軽に日本円の換金が可能に

  6. 福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

  7. 「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

  8. ANA(全日本空輸株式会社)とトリップアドバイザー、特集コンテンツで地域活性化を図るコラボ企画が始動…

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP