• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

AcroX Holdings社が観光ホテル向けのコンサルサービスを開始。地域密着型のコンセプトルームで新規顧客の開拓へ

株式会社AcroX Holdingsが、宿泊事業者向けのコンサルティングサービスとして、地域密着型コンセプトルームの提案を開始しました。

このサービスでは「室内でいかに快適に過ごせるか」をテーマに、ホテルなどの客室のリニューアルを実施。同社は工夫を凝らした新たなコンテンツの創出で、コロナ禍の影響により客数が減少した宿泊業の顧客獲得に貢献します。

非日常な室内コンテンツで、外出を控える消費者を呼び込む

株式会社AcroX Holdingsでは、海外向けの事業を検討する企業に対して、それぞれのニーズに応じたコンサルティング事業を展開しています。

例えば、

  • 新規事業の創出
  • 営業モデル構築支援
  • 経営者の育成
  • 海外進出や地方創生

など、主にインバウンド事業や観光業をはじめとした幅広い分野でサービスを提供しています。

そして今回、同社は観光向けホテルなどの宿泊業を対象として、新たな顧客獲得に向けたコンサルティングサービスをリリースしました。

具体的には、室内で快適に過ごせる地域密着型のコンセプトルームを提案。これによりホテル事業者は、宿泊客に普段とは違う新たな体験を提供することが可能になります。

特に宿泊業界では、コロナ禍の影響でインバウンド需要を取り込めないのが現状です。新型コロナウイルスの感染が再熱している傾向もあり、国内客ですらあまり集客を見込めません。

そこでAcroX Holdings社は、人との接触を抑えつつも外出気分を味わえるコンセプトルームで、宿泊事業の集客アップにつなげる取り組みを開始したのです。

他にもAcroX Holdings社では、VRトレーニングによる社員の教育・研修サービスを展開。座学だけでは得られない貴重な体験で学習効率を高め、国内全体の企業力アップに貢献しています。

近年では、新型コロナウイルスの影響により観光客やインバウンド客の需要が激減している状況です。そんな中AcroX Holdings社は、ホテル業の新たな顧客獲得を促す支援サービスで観光業の活性化につなげます。

ホテル業における他の体験サービスについて詳しく知りたいは「【新型コロナを受けて】ホテルのオンライン体験とは?実例やメリットを紹介」をご一読ください。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000053775.html

この記事と併せて読まれている記事

  1. Catalu JAPANとJ&J事業創造の共同事業。インバウンド客が伝統工芸品をお土産にす…

  2. 谷中で豆腐、味噌からカレー、ビーガンラーメンや書道・茶道まで多彩な体験プログラムを用意【九条Toky…

  3. 京都府で外国人のマナー向上の実証実験が開始。データをもとに今後の対策に活用

  4. あきた白神ツーリズムが訪日客向けに「秋田犬触れ合い体験」を開始。癒し系コト消費で訪日客を呼び込む

  5. ホームシェアリング施設「SAKURA」がオープン。ユニークな空間で国内外からの顧客を呼び込む

  6. TOEIC960点レベルの多言語翻訳プラットフォームが登場。多分野への提供を急ぐ

  7. 地方空港へのインバウンド需要が年々増加。福岡や那覇、新千歳空港を中心に高い訪日客数を誇る

  8. 学研のオンライン英会話サービスがインバウンドを想定したレッスンをリリース。実践的な内容に注目

大阪観光局が食文化を生かしたマーケティング研究結果を発表。名物やストリートフードが注目される結果に

観光庁が水中アクティビティのガイドラインを策定。外国語対応や人材育成の強化でインバウンド対応を推し進める

PAGE TOP