インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入

株式会社アパマンショップリーシングは2018年7月6日より直営全87店舗にて、ecbo株式会社が提供する荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」を導入し、荷物預かりを開始しました。

賃貸住宅仲介を中心とした業務を展開するアパマンショップでは、2018年1月15日より都内18店舗で「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐ「ecbo cloak」を導入し、実証実験を行いました。導入後の予約数は月々伸びていたため、今後はさらにFC店舗を含めた全店舗展開を進めていきます。

2017年から、国土交通省は「手ぶら観光」を推進しています。荷物を預かることができることで、国内外の旅行客がよりスムーズに移動できるようになりますので、訪日外国人の地方訪問も増えると予想しています。手ぶら観光については、「手ぶら観光が訪日外国人の地方都市への訪問を促す。国土交通省が民間事業者へカウンター設置を呼びかけ」でまとめているので、気になる方はご一読ください。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000021088.html

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 東北を訪れるインバウンド客が増加。国際便の増加や季節行事が後押しに

  2. オワシスが集客支援サービスを開始。体験教室などを支援して新たなインバウンド需要を発掘

  3. リレーション・ジャパンが東南アジア諸国の取引先とのオンライン座談会を開催

  4. 鳥取県が観光客誘致のプロジェクトチームを発足。チャーター便就航を受けてさらなるプロモーションに尽力

  5. 大津市でシェアサイクルサービス開始、交通利便性を向上し地域活性化に繋げる

  6. 観光庁、飲食店向けのベジタリアンやヴィーガン対応ガイドを作成。インバウンド増加で多様化する食のニーズ…

  7. 京成電鉄、タイで企画乗車券の販売拠点を増加。「旅マエ」からのインバウンド対策を強化

  8. 日本とベトナムが出入国制限の緩和へ向けた協議の方針。コロナ収束後の迅速な観光復興につなげる

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP