荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入

株式会社アパマンショップリーシングは2018年7月6日より直営全87店舗にて、ecbo株式会社が提供する荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」を導入し、荷物預かりを開始しました。

賃貸住宅仲介を中心とした業務を展開するアパマンショップでは、2018年1月15日より都内18店舗で「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐ「ecbo cloak」を導入し、実証実験を行いました。導入後の予約数は月々伸びていたため、今後はさらにFC店舗を含めた全店舗展開を進めていきます。

2017年から、国土交通省は「手ぶら観光」を推進しています。荷物を預かることができることで、国内外の旅行客がよりスムーズに移動できるようになりますので、訪日外国人の地方訪問も増えると予想しています。手ぶら観光については、「手ぶら観光が訪日外国人の地方都市への訪問を促す。国土交通省が民間事業者へカウンター設置を呼びかけ」でまとめているので、気になる方はご一読ください。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000021088.html

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

  2. “TYFFONIUM SHIBUYA”が渋谷に2018年11月オープン

  3. イベント「JAPAN INBOUND FESTIVAL(ジャパフェス)」開催で世界中のインフルエンサ…

  4. レオパレスホテルズがQR決済サービスを導入。増加する訪日客への対応を強化

  5. 外国人利用客の多い「モスバーガー」8店舗にて多言語通訳機を実証実験

  6. トランスコスモス、通訳サービス「ことばスイッチ」を開発。観光地の企業などに提供

  7. 中国語のリスニングと発音の強化に特化した無料の中国語学習アプリ「中国語耳ゲー for Android…

  8. JTBとラオックスが業務提携。訪日プロモーションで企業や自治体などを支援

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP