無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入

株式会社アパマンショップリーシングは2018年7月6日より直営全87店舗にて、ecbo株式会社が提供する荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」を導入し、荷物預かりを開始しました。

賃貸住宅仲介を中心とした業務を展開するアパマンショップでは、2018年1月15日より都内18店舗で「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐ「ecbo cloak」を導入し、実証実験を行いました。導入後の予約数は月々伸びていたため、今後はさらにFC店舗を含めた全店舗展開を進めていきます。

2017年から、国土交通省は「手ぶら観光」を推進しています。荷物を預かることができることで、国内外の旅行客がよりスムーズに移動できるようになりますので、訪日外国人の地方訪問も増えると予想しています。手ぶら観光については、「手ぶら観光が訪日外国人の地方都市への訪問を促す。国土交通省が民間事業者へカウンター設置を呼びかけ」でまとめているので、気になる方はご一読ください。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000021088.html

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

  2. 観光庁の「宿泊施設インバウンド対応支援事業」とは?内容と申込み方法を解説。

  3. 徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

  4. インバウンド対応ホテルが地方に続々と開業。訪日客のニーズに合わせた戦略で集客を狙う

  5. 大分県とJCBがインバウンド対策の覚書を締結。カード決済データでのマーケティングなどを実施

  6. アイドルグループBNK48が阿蘇地域の観光大使に。タイでの地名度を活かして訪日客を呼び込む

  7. レストラン予約サービス「JAPAN Trip Navigator」リリース。訪日外国人向けの予約アプ…

  8. 山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP